お知らせ

内定者の声が届きました '14(4)

2015/03/25合格者の声

 ホームセンター「セキチュー」を展開する株式会社セキチューに就職が決まった4年生からメッセージが届きましたので、ご紹介いたします。

法学部法律学科4年 関口美紘

群馬県立高崎東高等学校出身

 私が、就職活動を通して大切だと思ったことを3つ紹介したいと思います。

 まず1つ目は資格を取得することです。私は在学中に、法学部で学んだことを形にするためにビジネス実務法務検定3級を、社会人マナーを身につけるために秘書検定2級を取得しました。履歴書の資格欄が空白だと面接官に良い印象を持ってもらえないので、資格は就職活動をする前に取っておいた方が良いと思います。

 2つ目は、1人で抱え込まないことです。分からないことがあったら、1人で抱え込まず誰かに相談することが大切だと思います。私が特にオススメするのは、キャリアセンターの職員さんに相談することです。職員さんは私に合った会社を紹介してくれたり、一緒にエントリーシートに書く内容を考えてくれたり、非常に心強い味方でした。何から手をつければ良いか分からない人はまずキャリアセンターに行くべきだと思います。

 最後に3つ目は、1つでも胸を張って頑張ったと思えることを作ることです。私の場合、それは、4年間で単位を1つも落さず、群馬から通学したことです。「そんなことでいいの?」と思った人もいるでしょうが、どんなことでも良いのです。大切なのは、自分が頑張ったと思えることを面接官にいかに上手く伝えるかです。

 駿河台大学は、先生も職員さんもとても親切で、ここまで私たちのことを考えてくれる大学は他に見つからないと思います。正直、私が駿河台大学に来たのは、第一志望の大学に落ちてしまったからでした。それでも卒業を前に4年間を振り返ってみると、この大学に来て本当に良かったと思っています。大学生活はあっという間です。悔いのない大学生活を送ってください。


20150325law_01.jpg

入学準備セミナーで就職体験談を報告する関口さん



TOP