お知らせ

2014年度「学部デー」を実施しました(1)―― 飯能日高消防署見学

2014/12/15学部行事

 法学部では、毎年11月下旬に、主に1年生を対象として、個人ではなかなか見学にいけない学外の機関や施設を見学する「学部デー」を実施しています。初回は、飯能日高消防署見学についてご報告します。

法学部准教授 倉島安司

 11月25日(火)の「学部デー」(駿河台大学法学部の学外施設見学行事)において、約30人の法学部学生が、飯能日高消防署を訪れました。日頃はレスキュー隊などで活躍している現役消防士のご説明を受けながら、飯能日高消防署内の施設を見学させていただきました。参加した学生の感想を紹介いたします。


20141215law_01.jpg

 「私は消防官志望なので、今回の見学先として飯能日高消防署を選びました。今まで実際に消防署に行ったことは一度もなかったのですが、いざ行ってみると、想像していたよりもずっと規模が大きくとても驚きました。

 例えば、消防署内にはヘリポートが設置されており、格納庫にもいろいろな種類の消防車が配備されていました。中でも、救助隊(レスキュー隊)が使う救助工作車には、車を破壊できる道具が積んであり、それを直接見ることができたことが最も印象に残りました。

20141215law_02.jpg

 また、地震体験や煙体験などができる体験コーナーでは、各種災害の疑似体験をすることができました。地震や火事などが発生したときにどのように対処すべきか、消防士の方から直接お話をうかがったことで、災害時の対処の仕方を実践的に学ぶことができたと思います。」

法学部法律学科1年 上水流滉宜

東京都私立正則高等学校出身



TOP