法学部

講義・演習

講義

駿河台大学法学部では、法学・政治学に関連するさまざまな科目を履修することができます。
カリキュラムについては『カリキュラム』のページをご覧ください。

演習(ゼミナール)

基礎演習(1年次演習)

大学における基礎的な勉学能力の習得を目的としています。法律の学習は、論理的な思考方法の習得と切り離せません。その前提となるのは、日本語能力、つまり、日本語を正確に使いこなす技術です。このために社会科学や黎氏に関する一般図書・新聞などを教材に、日本語の語彙力、読解力、文章構成力などの向上をはかり、法律専門書に取り組むための準備をします。

教養演習(2年次演習)

法学、人文、社会、自然科学などさまざまなテーマの演習が設置されています。それぞれのテーマを通して、問題を正確に把握する力、問題をさまざまな角度から捉えるためのものの見方などを身につけることができます。少人数制の授業で興味あるテーマを通して、表現力や想像力を養います。

発展演習I・II(3・4年次演習)

学生の興味の多様性に応えるために、法律専門科目、総合科目、外国書講読など幅広い科目を設置しています。一演習あたりの学生数を少なくして、少人数教育を徹底させた必修科目の演習です。

専任教員のゼミ一覧へ

ページの先頭へ