法学部

法科大学院に進学するために

法曹(裁判官・検察官・弁護士)になるためには、法科大学院(ロースクール)に進学しなければなりません。法科大学院で2年間(法学部以外の出身者は3年間)、法律の専門家になるために必要な勉強をすることになります。
合格者の声

概要

法科大学院は、2004年にスタートした法曹養成に特化した教育を行うプロフェッショナル・スクールと位置づけられています。法科大学院修了後に、新司法試験に受験・合格の後、修習を経て、裁判官・検察官・弁護士になることができます。

法律科目

 法科大学院の進学を目指す学生は、「憲法」、「民法」、「刑法」の基本科目をしっかりと勉強する必要があります。法科大学院の入試は、それぞれの大学院によって実施されるため、その形式面は異なりますが、論述式が多いようです。また、憲民刑の基本科目のほかに、「商法」、「民事訴訟法」、「刑事訴訟法」、「行政法」を課す場合もあります。

適性試験

 公益財団法人日弁連法務研究財団が実施する適性試験を受験するのが一般的で①論理的判断力、②分析的判断力、③長文読解力、④表現力をそれぞれ測る試験です。適性試験で高得点を獲得するためには、「法科大学院適性試験演習Ⅰ・Ⅱ・直前」の受講が必須でしょう。

面接

 受験生が法曹としての心構えを持っているかを見るため、各大学院が面接を実施しています。法曹を志望した理由やこの大学院を選んだ理由などについて自己PR力が問われます。
・自己評価書(パーソナル・ステートメント)
 各大学院によって形式等は異なりますが、出願書類に含めることが多くなっているようです。法曹を志望する理由やどのような法律家になりたいか、どうしてこの大学院を選んだのかなどについての記述が求められます。

小論文(未修者)

 大学院によってテーマは異なりますが、法律学のみならず、人文科学、社会科学(政治や経済)、自然科学、さらには時事問題を含む多岐にわたる分野から出題されるようです。

ページの先頭へ