法学部 法学部からのお知らせ

夏のオープンキャンパスで「目指せ!公務員」が開催されました――警察官編――

2015/08/31 公務員・資格試験学習室

法学部専任講師 竹内健互

 警察官が日々どんな仕事をし、また警察官になるためにどんな試験をパスしなければならないのか、具体的に知っていますか?

 例えば、どんな大学のどんな学部に進学するか決めるには、その大学や学部で学ぶ学問の内容や、どんな入学試験が課されるのかを知らなければならないでしょう。それと同じように、将来の進路として警察官になりたいと考える場合も、その仕事内容や試験内容をしっかりと知っておかなければなりません。

 そこで、今回の「目指せ!公務員」(警察官編)では、採用予定人員の傾向や受験倍率等の警察官志望者を取り巻く昨今の状況を踏まえつつ、警察官とはどんな人でどんな仕事をするのか、また採用試験はどんな内容なのかなどについて、皆さんが警察官を目指す上で具体的なイメージをもってもらえるように分かりやすく説明をしました。

20150831law_01.jpg

 一口に「犯罪から社会を守る」と言っても警察官の仕事内容は実に様々であること、「大学」の、しかも「法学部」に進学することと、警察官として将来働くことの間には、深く密接なつながりやメリットがあること、そして採用試験の内容やそれを踏まえた効率的・専門的な対策が必要不可欠であることなど、警察官になりたいという夢を実現するために必要となる、簡単なロードマップをお示しできたかと思います。

 とくに本学法学部では、「警察・消防コース」を設け、警察官志望者向けに試験対策に役立つ科目をカリキュラム内に多く配置するとともに、「公務員・資格試験学習室」では、専任教員による論作文対策や面接対策、現職警察官による模擬面接などを実施することで、警察官になりたいという学生一人ひとりのニーズに合わせた、トータルサポートを行う体制が整っています。また、地元の警察署と連携して、現職の警察官の方々と一緒に実際の警察活動に関わる「学生防犯リーダー」というボランティア活動も積極的に推進しており、毎年多くの学生が参加しています。警察官を目指すなら、一緒に本学法学部で夢を実現してみませんか。

ページの先頭へ