法学部 法学部からのお知らせ

教員書籍の紹介 Vol.6 「真田昌幸」

2015/12/07 教員情報

 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の時代考証を務める、法学部長・黒田基樹教授が、真田昌幸の本を出版しました。

20151204law_01.jpg

 タイトルは『真田昌幸:徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつけた戦略の全貌』。信濃の「国衆」(小大名)の一人にすぎなかった真田昌幸(ドラマの主人公信繁の父)が、周辺の有力戦国大名(徳川・北条・上杉)のなかをかいくぐって、豊臣秀吉に従う「大名」へと飛躍する過程を、詳細に描き出しています。大河ドラマを視るにあたって、大いに参考になる1冊です(小学館刊、定価1600円)。


ページの先頭へ