法学部 法学部からのお知らせ

一足先に社会を感じよう!―法学部生のインターンシップ体験記vol.1

2014/09/30 インターンシップ体験記

ケーブルテレビ会社で学んだ10日間

法学部法律学科3年 酒井万富


埼玉県私立浦和実業学園高等学校

【飯能ケーブルテレビ株式会社】
 こちらの企業は、主にケーブルテレビの契約、テレビを見るための工事、番組の収録、編集、放送など日々の家庭に欠かせないテレビを主とした企業です。

【実習期間:9月1日~9月12日】

20140930hg_01.jpg

 今回飯能ケーブルテレビさんでは、営業、技術、制作と3つの課をご一緒させていただきました。

 営業課では、お客様の家に行って契約を結んだり、機材の設置、パソコンの設定で困っているお客様のために設定したりと、直接お客様とかかわる仕事内容でした。
 直接お客様と関わる分「ありがとう」という言葉をいただけてとてもやりがいのある仕事だと思いました。

 技術課では外の電柱を経由してお客様の家にケーブルをつないでテレビを見られる環境を作るという仕事内容でした。
 外のケーブルを触る作業なので、やっぱり外の気温にとても左右されるそうです。
夏は暑くて熱中症になりそうで冬は逆に寒くて手先がうまく使えずなかなか細かい作業がやりにくいそうです。
 その中でも新築の家だと特にほとんど電気くらいしか通ってないなか、工事をしてテレビが映った時の達成感はすごいものなのかなと思いました。

 最後に3つ目の制作課は、飯能、日高で契約している人が観ることができる「飯能日高テレビ」というチャンネルで放送する番組の取材、編集を行っています。
 課の中でも取材に行く人、編集する人と担当制だと思っていましたが、こちらの会社ではそれぞれ担当の番組があり、その番組の取材、編集は一人で行っていることにびっくりしました。
 ロケのリポーターもこちらの社員さんがやっていてそれも一つのやりがいなのかなと思いました。

 この10日間を通してたくさんの仕事に触れることができて今までのアルバイトで思っていた「働く」という概念がまた変わったものに見えてきました。
 分からないことがあって質問しても皆様本当に優しくわかりやすく教えてくださり、その仕事に対して少しでも理解することができました。
 飯能ケーブルテレビの皆様、本当にありがとうございました。

20140930hg_02.jpg

ページの先頭へ