法学部 法学部からのお知らせ

法学部生が埼玉県日高市の外部評価を傍聴しました

2014/11/06 公務員・資格試験学習室

法学部法律学科3年 沖山令来
埼玉県川口市立川口総合高等学校出身

 私は、10月17日(金)、日高市庁舎で行われた日高市外部評価を傍聴してきました。市民への説明責任を果たす一環として、市職員さんが自分たちの事業の意義や成果を、外部評価員に対し丁寧に説明されていました。事業の説明が終わると、外部評価員から質問が出されます。厳しい質問もあり、参加された人たちの真剣さが伝わりました。

20141106hg_01.jpg

 今回の収穫は、どの事業でどんなことをやっているのかを詳しく知ることができたことです。そして、市の財政が厳しく、どの事業もなかなか先に進めなかったり、手を出せなかったりする課題もある中で、限られた予算をやりくりして、市民のため、より良い市を作り上げたいという各事業部の意欲がすごく伝わってきました。文化財保護事業などでは、昔から受け継がれているものを大切につなごうとしていることを知り、とても感心しました。

20141106hg_02.jpg

 各事業部の目標・課題についての質疑応答においても、疑問に思ったことだけを単純に投げかけるのではなく、「このようにすることはできないのですか」など、今後の市政に生かそうとする建設的な形が多く、意見交換の仕方という意味でも、とても勉強になりました。市をより住みやすく変えていくためには、市役所が行っている事業を着実に進めることに加えて、市民がもっと市の事業に関心を持ち、意見・提案していくことが大切なことを改めて実感するよい機会となりました。

20141106hg_03.jpg

ページの先頭へ