法学部 法学部からのお知らせ

私の学生生活―卒業を迎えるにあたって―

2014/03/17その他

 明日、3月18日(火)、本学の学位記授与式(卒業式)が行われます。卒業を迎えるにあたって、どんな学生生活であったかを語ってもらいました。本田詩織さんから届いた「私の学生生活」です。

私の学生生活―卒業を迎えるにあたって―

法学部4年 本田詩織
東京都立練馬高等学校出身

 大学は高校までとは違い、時間に余裕ができ、自由もあります。それをどのように使うかは、その人次第です。私は、その貴重な時間で自分が興味を持ったものに取り組むようにしました。行動に移すことで出会う人が増え、さまざまな考え方や意見に刺激を受けることも多く、自分の世界が広がりました。

20140317_sotugyou.jpg

大学生活の魅力を高校生に説明する本田さん

 たとえば、私の所属するゼミでは、日本史の中から自分でテーマを決め、資料などを調べて報告します。もともと歴史が好きだったのですが、詳しく調べた経験はなく、興味を持ったため、このゼミに決めました。
 いざ取り組んでみると、先生や他の学生から私が気づかなかった視点からの質問を受けることもあり、回数が増すごとにそのテーマに関する知識や捉え方が深まっていきました。また、法学部の懸賞論文にも挑戦し、入賞することができました。
 卒業後はこの知識を仕事に使うことはあまりないと思いますが、行動することの大切さを学べたことが大きな財産になりました。

ページの先頭へ