法学部 法学部からのお知らせ

法学を学びながら世界へ飛び出せ!―法学部生による留学体験記'14(2)

2014/12/04その他

法学部法律学科2年 星 晃平

群馬県私立明和県央高等学校出身

 私は、9月の1カ月間、海外語学演習でオーストラリアのメルボルンにあるモナシュ大学のシティキャンパスに短期留学しました。私にとって人生で初めての海外であり、短期間ではありますが日本語の通じない他国に住むということで、期待とともに不安も一杯でした。私が通ったモナシュ大学では、事前に行われたテストによりクラス分けがされ、同程度の英語力の学生が集められます。これは私のように英語に自信のない人でも安心して学べる仕組みだと思いました。当然のことながら、授業はすべて英語で行われます。クラスは午前と午後で分けられており、それぞれ4時間の授業が組まれています。私は午後のクラスでしたので午前中はメルボルンの街を観光したりして過ごしました。メルボルンの街並みはとても賑やかで、出店があったり路上でのパフォーマンスが毎日行われていました。

20141204law_01.jpg

 私がお世話になったホストファミリーはとても良い家族でした。ホストマザーは大変包容力のある方で、ふるまってくれた料理もたいへんおいしかったです。ホストファザーも私のことを気遣ってくれるやさしい人でした。週末には、ランチやショッピングなどに連れていっていただいたり、またお孫さんが出場するスポーツ大会を観戦しに行ったりもしました。

20141204law_02.jpg

<一番左が星くん>

 観光では、メルボルン動物園やセント・キルダというビーチにも行きました。動物園ではオーストラリアの代名詞であるカンガルーやコアラを間近で見ることができました。そのほかにも動物を身近に感じさせるような工夫がされており魅了されました。ビーチではまだ春になったばかりでしたが(南半球ですので)、海水浴や日光浴、ランニングを楽しむ人たちで賑わっていました。夜のビーチから見える街の夜景がとてもきれいでした。

 この1ヵ月間で多くの人と出会い、また多くの思い出を作ることができました。私にとってこの短期留学は今までで一番のイベントであり、この体験を通じて人として成長できたように思います。またいつかオーストラリアに行きたいと思っています。

20141204law_03.jpg



ページの先頭へ