法学部 法学部からのお知らせ

2013年度「学部デー」を実施しましたvol.1―国会議事堂・憲政記念館見学報告―

2013/12/17 学部行事

法学部では、11月下旬に「学部デー」として、政府機関や裁判所など様々な場所を訪れる企画を実施しました。今回はその「学部デー」報告の第1弾。

2013年度「学部デー」を実施しましたvol.1
―国会議事堂・憲政記念館見学報告―

 国会の衆議院を見学しました。まず参観者ロビーでセキュリティ・チェックを受けました。参観者が少なければ案内がつくそうですが、この日は修学旅行の生徒や地方からの団体、外国人の団体など、多くの参観者がいて、自分たちで案内順路の標識に従って見て回りました。

20131217_法学部学部デー01.jpg

参観者ホール。以降の内部は撮影禁止

 最初に行ったのは、天皇の部屋である御休所です。ガラス越しに中を見ることができますが、議事堂が作られたのが天皇主権の明治憲法の時代だったこともあり、このひと部屋だけで総建設費の1割を使ったといわれる豪華な部屋でした。

 同じフロアーの東側では、中央玄関のホールを見下ろすことができます。また見上げると、あの議事堂の特徴的な三角屋根を内側から眺めることになります。壁には日本の四季の壁画が描かれています。

 続いて本会議場に行きました。テレビのニュースでおなじみの部屋ですが、この時間には本会議は開かれていませんでした。傍聴席の後ろの通路を通って見ただけですが、ここで日本の政治が決まるのかと、とても厳粛な気持ちになりました。

 すぐ近くの憲政記念館では、「戦後日本の再出発特別展」をやっていました。日本が敗戦から占領期を経て、独立を回復し、国際社会に復帰するまでの歩みを、当時の政治家たちの日記や書簡などの史料でたどるものでした。

20131217_法学部学部デー02.jpg

参観を終えて

ページの先頭へ