法学部 法学部からのお知らせ

法学を学びながら教師を目指す!!―教職支援室便り2013/09

2013/09/20その他

法学部1年 片山希妃

 私が教職課程を履修して良かったと思うことは、自分の教育観に気づけたことです。教育に関心を持って教職課程を履修しましたが、改めて考えたときに、自分の教育観というものがあまりはっきりしませんでした。

 しかし講義を通して、さまざまな歴史的事柄の時代背景、生物学、図像学など、あらゆる分野から教育につながるヒントを得たとき、私は徐々に自分の教育観が形成されていくのを実感しました。

 講義を受けるまで、教育学とは、教育に関する理論のようなものを学ぶだけというイメージを抱いていましたが、実際はまったく異なっていました。多様な学問から教育をとらえ、自ら考えることも必要になるので、教職科目は私が想像していたほど容易なものではありませんでしたが、それを上回るくらい、はるかに有意義でもありました。

 教師を目指す人はもちろん、教育に関心のある人も、ぜひ駿河台大学の教職課程を履修してほしいと思います。


法学部3年 小栗山裕司

 駿河台大学では、教職課程の履修登録を行い、必要な科目を履修することで、教員免許を取得することができます。法学部では、中学校の社会科、高等学校の地理歴史科と公民科の3種類の免許状を取得することができます。

 中学校の教員免許状を取得する場合、特別支援学校や社会福祉施設において介護等体験を行う必要があります。短い期間ですが、障害を抱えた子どもや介護が必要なご老人、施設の教職員の方々など、多くの人々と関わる機会があります。慣れない場所、慣れない作業等で、体力的にも精神的にも大変な部分はありますが、非常に貴重な体験をすることができます。

 私たちは、実習先の方々や本学の教職員の方など、多くの方の支えがあって教員免許を取得することができます。支えてくれる方々への感謝の気持ちを忘れずにいることで、一回りも二回りも人間として大きくなれると感じています。


法学部4年 小川拓哉

 法学部に入学した当初は、一般企業への就職を考えていました。しかし2年生になったころ、教職課程を履修すれば、法学部でも教員免許を取得することが可能だと知り、教育への興味を多少持っていたこともあって、迷わずに履修することにしました。

 その結果、ものごとに対する考えの視野が広がり、社会に対する興味や関心もより一層深まりました。また学校ボランティア、介護等体験、教育実習は、人と関わることの素晴らしさを感じる貴重な経験となりました。特に教育実習では、教えることの難しさを強く感じましたが、これまで経験したことのない感動を得ることができました。

 こうした経験は、これから社会に出ていく私の中で、大きな自信となって結実しています。卒業後も、教職課程での経験を糧にして、難しい課題にも挑戦し続ける自分へ成長していく決意です。

20130920kyousyoku_01.jpg

教育実践研究会の仲間と一緒に

ページの先頭へ