お知らせ

教育実習訪問指導報告

2019/07/10学生の声

現代文化学部 大森一伸教授

 現代文化学部4年の磯本将司さんと新井康祐さんは、彼らの出身校である飯能南高等学校で、保健体育の教育実習生として活動を行いました。3週間にわたる実習で指導教員の丁寧なアドバイスを受けながら、保健と体育の授業を担当しました。研究授業では、磯本さんは保健の「飲酒と健康」について講義を行いました。テンポよく生徒とコミュニケーションをとりながら、授業をすすめる様子からは余裕すら感じました。新井さんは、テニスの実技を行いました。授業のマネジメントに注力しており、生徒を効率よく動かしながら、テニスの楽しさを伝えていました。

 二人とも、毎日毎日、様々な課題を見つけては、それらに真摯に向き合いながら解決していった3週間で、教育の難しさを経験したものの、一方で、やりがいも実感できたようです。ご指導くださった飯能南高等学校の諸先生に感謝申し上げます。

20190704gendai_01.jpg

20190704gendai_02.jpg



TOP