お知らせ

アクア・マリンスポーツ研修報告

2018/12/19授業風景

報告者:鈴木慶子 専任講師

 現代文化学部には、2年次必修の「フィールド・スタディ科目」という科目があります。そのひとつであるアクア・マリンスポーツ研修が、9月10日(月)から13日(木)まで静岡県の伊東ダイビングスクールで行われました。実施報告が学生より寄せられましたので掲載いたします。


現代文化学部2年 落合郁斗

 私は、静岡の伊東市で、3泊4日のアクア・マリンスポーツ研修に行ってきました。‬‬‬
 まず初日にはダイビングの基本的な知識を得るための学科試験と、プールでボンベを背負いながら息をする練習に取り組みました。中でも印象的なのは、水中で呼吸をするためのレギュレーターという器材を使った演習です。レギュレーターが口から外れてしまったときの対処法や、レギュレーターに入ってしまった水を外に排出させるスキルなどを習得しました。マスククリアというマスクが外れた時の対処法などにも取り組みました。
 2日目からは実際に海に出向き、最終日は船で水深20メートルほどの沖へ連れて行っていただきダイビングを行い、そして最後にイルカと戯れました。4日間でダイビングスキルが身につき、ダイビングに興味を持つことができました。

20181213アクア・マリンスポーツ研修01.jpg

現代文化学部2年 中村賢侑

 私はこの4日間、静岡県にあるマリンロードさんでダイビング講習を受けました。
 まず初日の午前中は学科講習を受け、午後はプールでダイビングの基礎的な練習をしました。2日目、3日目は実際に海で実習を行い、ダイビングに必要なスキルを練習しました。4日目の最終日は船で沖まで行って、そこから海へダイブするボートツアーを行いました。ボートツアーでは2日目、3日目を超える水深まで潜り、沢山の魚に触れ合うことができました。その他にも、沢山の美味しいご飯をいただき、また3日目の夜にはみんなでBBQや流しそうめんをして盛り上がりました。
 3泊4日という短い期間でダイビングの資格を取ることができ、インストラクターの方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。



TOP