お知らせ

休暇村奥武蔵でプチイベントを行いました

2016/11/25授業風景

現代文化学部 平井純子准教授

 現代文化学部観光ホスピタリティコースでは、実践的な授業を数多く行っています。今回は中国からの留学生3人が休暇村奥武蔵にお邪魔して、夕食後の時間に「幸運の赤いストラップづくり」と題したプチイベントを、11月5日(土)と12日(土)の2回にわたって実施しました。

 「幸運の赤いストラップ」は中国のラッキーカラーである赤の2本のひもを使い、手で編んでいくものです。中国では小さいころから遊びの一環として親しんでいるとのことで、3人とも、上手に編むことができます。でもはじめての人に教えるのは大変。ですがそれも勉強ということで、がんばっていました。

 参加した学生たちの感想は...
 ・教え方が難しかったが、日本の人たちとコミュニケーションがとれてよかった。
 ・お客さんがとても喜んでくれたので、私たちもうれしかった。
 ・中国について関心をもってくれて、いろいろと聞いてくれた。楽しかった。

 最後に休暇村奥武蔵の支配人の合田さんにストラップをプレゼントして記念撮影。このような機会をいただき、ありがとうございました!!

20161122gbg_01.jpg

幸運の赤いストラップ

20161122gbg_02.jpg

ストラップづくりの様子

20161122gbg_03.jpg

休暇村奥武蔵の支配人・合田さんと



TOP