トピックス

8月5日(日)のオープンキャンパス『模擬授業』予告編

18.07.21

法学部

ネットショッピングの法律トラブル~賢いネットユーザーになるために~[民法]

担当:上河内 千香子 教授

 最近は、インターネットを通じて家にいながらいろいろな商品を買うことができるようになりました。食品、本、ゲーム、種類も豊富ですし、欲しかったレア物商品をネットオークションで手に入れることもできます。便利なインターネットではあるけれども、ネットで商品を買う場合にはどのようなトラブルが考えられて、法律はどのようになっているのでしょうか。

 この模擬授業では、インターネット売買にまつわるトラブルを紹介し、ネットショッピングはどのような点に注意しなければならないか、ということを考えていきます。

経済経営学部

人とロボット、どっちが賢い?~人工知能(AI)で生まれる仕事・消える仕事~

担当:市川 哲郎 教授

 日本の人口は、2050年には8000万人にまで減少すると言われています。その一方で、この2018年には「ブロックチェーン」技術が実用化され、自律で動くロボットがもうすぐ発売されるところです。

 そして、2020年あたりから人間から人工知能(AI)に職が移り始め、2053年には今の人の職業の50%が人工知能に移る可能性があるとも言われています。

 この授業では、これからの「ヒト」と「ロボット(人工知能)」がどのような関係になっていくのかについて考えていきます。

東京ディスニーリゾートのひみつ〜キャストにアルバイトが多いのはなぜ?〜

担当:麻場 勇佑 准教授

「テーマパークの背後では、たくさんのお金が動いています」。このように聞かされたらみなさんはどのように感じますか?

 人気テーマパークのヒミツとしてテレビでよく取り上げられるのは、従業員への教育や非現実的空間を作り出す数々の演出など、お客様へのおもてなしの側面が多いですね。

 その一方で、テーマパークとお金の関係について取り上げられることはあまりありません。やはり夢の国なので、お金との関係はあまり触れないようにしているのでしょうか。しかし、現実には、テーマパークの経営者は慈善事業を行っているわけではなく、利益を出す(もうける)ためにテーマパークを経営しています。

 今回の講義では、普段あまり語られることのない、テーマパークを取り巻くお金とのヒミツのカンケイを一緒に探ってみましょう。

メディア情報学部

アニメを仕事にするために~駿大で学ぶこと~[アニメーションモジュール体験]

担当:伊東 耕平 特任教授

【アニメ業界は今、変わろうとしています】

 私が担当する「アニメーション制作論」では、変革期に入ろうとしているアニメ業界の「現在」と「未来」について、実際の仕事を通して見えるものを伝えています。

 何が変わろうとしているのか?なぜ変わろうとしているのか?
 現在、そしてこれからアニメの仕事に携わる人たちには何が求められるのか?

 模擬授業を通じて、その一部をご紹介したいと思います。

おもしろ動物の手描きイラストをPCでカラフルに仕上げよう〔デジタルデザイン体験〕

担当:城井 光広 教授

 本授業では、手描きのイラストをデジタル化して、カラーをたくさんの組み合わせで楽しむ事を学びます。

 今回は、ちょっと変わった動物をサインペンなどで描きます。例えば、ダックスフントのような象、キリンのような猫、シマウマのようなネズミなどのイラストを描きます。そのイラストをスキャナーで読み込み、パソコンでデジタル化して、線や面をカラフルな色やグラデーションで仕上げていきます。同じ動物でも、全く違った色に変えて、気に入ったイラストを仕上げませんか。

 パソコンに慣れていなくても、練習から始めますので、誰でも制作できます。業界で多く使われている、アドビ システムズ社の「イラストレーター」を使用して、デジタルイラストを体験しましょう。

心理学部

目撃証言の心理学入門~この人が犯人です~

担当:原 聰 教授

 日本の刑事裁判の有罪率は99.9%と、驚くべき数値を示していることはよく知られている事実です。こうした裁判の有罪を決定している有力な証拠の一つが目撃証言です。確かに、目撃証言によって事件が解決に至ることは事実ですが、同時に目撃証言は大変危険な証拠、誤りやすい証拠でもあります。

 この模擬授業では、心理学が明らかにしてきた目撃証言の危険性について、これまでの心理学実験を通して理解することを目的としています。

 目撃証言は、過去の記憶に基づいていますが、その記憶が大変もろく、汚染されやすいことを示す中で、目撃証言の危うさを味わってください。

スポーツ関係分野

運動神経はよくなる!子どもの運動嫌いをなくすには~体験!コオーディネーショントレーニング~

担当:狐塚 賢一郎 教授

 いわゆる「運動神経」のよしあしは生まれついてのものと思われがちですが、全くそんなことはありません。コオーディネーショントレーニングは「体幹」「四肢の連動」といった基礎になる運動を通し、「自分の思った通りにからだを動かすことができる」ことを目指す脳神経系のトレーニングです。

 この模擬授業では、さまざまな体育現場に活かせる最先端の運動理論をもとにしたトレーニングを体験します。
 実技を交えた講義になります。動きやすい服装での受講をおすすめします。


  • オープンキャンパスバスツアー
  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP