トピックス

7月21日(土)のオープンキャンパス『模擬授業』予告編

18.07.04

法学部

ゆくぞ われらがスーパーレンジャー~特別高度救助隊の話~〔消防と法〕

担当:倉島 安司 准教授

 「スーパーレンジャー」とは、ヒーロー戦隊の名前ではありません。横浜市消防局にある、特別高度救助隊の愛称(ニックネーム)です。「特別高度救助隊」とは、東京都と全国の政令指定都市にある、大災害などに対応できるスーパー救助隊のことです。東京消防庁にある特別高度救助隊「ハイパーレスキュー」が、特に有名です。

 ところで、横浜市消防局の特別高度救助隊に「スーパーレンジャー」というニックネームがついたのは、ただカッコいいからではありません。この愛称について調べていくと、全国の消防にあるレスキュー隊(救助隊)の歴史や役割が見えてきます。スーパーレンジャーについての話を聞きながら、消防について学びましょう。

経済経営学部

東京ディズニーリゾートに学ぶ ~経営学を考えよう~

担当:町田 欣弥 教授

 世の中には、「売れる商品」や「売れるサービス」がある反面、「売れない商品」や「売れないサービス」もあるということを皆さんもよくご存知だと思います。この「売れる」とはどのようなことなのでしょう。また、「売れる」ためにはどうすればよいのでしょうか。企業は、どのような工夫をしているのでしょう。これを研究することも経営学の役割のひとつです。

 たとえばディズニーリゾートのように、そのサービスが常に人気を呼び、毎年3,000万人を超える入場者を呼び、まさに「売れ続けている」のはなぜなのか、今回の模擬授業では、そのような「なぜ」について考えてみましょう。

マネーとは何か? ~ビットコインのその先は?~

担当:湯浅 由一 教授

 我々の日々の生活において「貨幣すなわちマネー」が重要であることは言うまでもないでしょう。ところで、このマネーとは何かを正確に説明することはそう簡単ではありません。たとえば、日本人が大好きな食べ物でる「ラーメン」とはどんな食べ物かという質問に正確に答えられますか? スープは? 麺のタイプは? トッピングは? トマトとチーズが入ったタイプははたしてラーメンと言えるでしょうか?

 模擬授業ではマネーの正体についてお話します。さらに日本の企業の売上金額・利益の大きさについて説明します。

メディア情報学部

音で世界を作るということ~ゲーム・アニメ・音楽・YouTube・映画・ラジオ ~〔映像・音響メディア体験〕

担当: 大久保 博樹 教授

 ゲームにはゲームに必要な音があります。アニメにはアニメ空間の、映画には映画の物語の音があります。この模擬授業では、作られた世界に存在する音について解説します。

さらに、効果音(SE)が、作られた世界の世界観を仕上げるということを、昨年出演したニッポン放送のラジオ番組「戸田恵子オトナクオリィ」や、朝日放送(ABC)65周年記念ラジオドラマ「ナデシコですから」の効果音制作のエピソード等から説明し、音で世界を作るということの意味を考えます。

 また、これに関連したちょっとした音作りを、パソコン(Mac)のDAW(Digital Audio Workstation)で体験してもらうことも予定しています。

 演劇部、放送部、映画研究部の人はもちろん、音に興味を持つ人は、実践的な音響制作の世界の入口を、ぜひ体験しに来てください。

ニッポン放送(http://www.1242.com
「戸田恵子オトナクオリィ」
http://www.1242.com/otona_quality/

朝日放送株式会社(http://abc1008.com
「ナデシコですから」
http://www.abc1008.com/nadeshiko

博物館・美術館で働きたい人必見!~キュレーターの仕事とは~〔図書館・アーカイブズ体験〕

担当: 野村 正弘 教授

 キュレーター(学芸員)という職業にどんなイメージをお持ちでしょうか。一般の方は、「堅い」「地味で閉鎖的」「他人と接することが少なく事務的」「何かのマニア」などという、どちらかというと静的なイメージを強くお持ちのようです。

 しかし、実際の博物館現場でキュレーター(学芸員)は、調査研究、資料の収集・保存、展示の計画・作成、教育事業の開催など、とてもアクティブに活動しなければ務まりせん。

 今回は、キュレーター(学芸員)の知られざる世界を紹介します。また、本学では国家資格である学芸員資格の取得が可能です。それはどのように行われているかも紹介しますので、興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

20180721_media_pm.jpg文化財梱包用の綿布団を作る

心理学部

認知心理学入門~「みる」ことの不思議~

担当:村越 琢磨 講師

 わたしたちは目を通して世界を見ています。しかしながら、わたしたちが見る世界は、外界の物理的な特徴とは一致しないことがあります。これはこころの働きによって、何をどのように見るかが変わることがあるからです。このような外界の認知過程を調べる心理学が認知心理学です。

 この模擬授業では認知心理学の研究法や現象を通して、わたしたちが外界を認知する際のこころの働きについて紹介します。このようなこころの働きを知ることで、わたしたちが普段気付かないこころの不思議について考えます。

スポーツ関係分野 

※スポーツ文化学部(仮称・設置認可申請中)に興味のある方は、こちらにご参加ください。

スポーツのパフォーマンス向上を考える~全てのスポーツの基本「陸上競技」を通して~

担当: 邑木 隆二 講師

 スポーツのパフォーマンス向上を考えたとき、やはり"基本"に立ち返ることが重要であると考えられます。動き・力の出し方などすべて"基本"が出来ていてはじめて大きなパフォーマンスへと繋がります。

 その"基本"を振り返り、そしてスポーツの"基本"とは何かと考えたとき、「陸上競技」が全てのスポーツの"基本"だと言えます。

 そこでこの模擬授業では、身体の動かし方や力の出し方など、陸上競技を通して全てのスポーツのパフォーマンス向上に繋がるようみなさんと身体を動かしていきたいと思います。


  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP