トピックス

6月17日(土)のオープンキャンパス『模擬授業』予告編!

17.05.30

6月17日(土)に行われるオープンキャパス『模擬授業』の内容をお知らせします。

オープンキャンパスの集合時間は13時です。

事前申し込みは不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

法学部

芸能人からメールが来た! 小さな親切・大きな負債 [消費者法](担当:草地 未紀 准教授)

 SNSで、好きなアーティストに曲やライブの感想を直接伝えたり、それに返信がもらえたり、俳優もアイドルも、芸能人がとても身近に感じられる、夢のような世の中になりました。

そんなある日、あなたのメールアドレスに、アイドルからのメールがやってきたら? 「そんなバカな」と半信半疑でメールを開くと、そこには、アイドルであることの悩みが真剣につづられていて......? 「自分に助けを求めてる! 悩みを聞いてあげなくちゃ! 助けてあげなくちゃ!」って、あなたの優しい心が、人助けをしようと動き始めます。

 でも、ちょっと待って。それ、ホントに大丈夫? そこにある大きな落とし穴をのぞいてみましょう。

経済経営学部

サッカーから世界を眺めてみよう[ドイツのサッカーとものづくり](担当:明石 真和 教授)

 ドイツはサッカー大国と呼ばれています。2014年のワールドカップでも、みごと4度目の優勝を成し遂げました。成功の秘訣は何でしょう?

 また、サッカーやスポーツの人材育成だけでなく、機械、自動車、食品といったほかの分野でも、ドイツ人のものづくりは世界的な評価を受けています。なぜでしょうか?

 これらはドイツ人のもつ性格やその歴史と深い関係があるのです。今回は、なるべくたくさんのグッズや写真や動画を使いながら、そんなお話をしてみたいと思います。

メディア情報学部

アドビイラストレーターで描いたキャラクターをウェブページに貼ってみよう[デジタルデザイン体験](担当:丸山 裕孝 教授)

 パソコンでは数学的な曲線を使って画像を作成することができます。これをベクターデータと呼び、アドビイラストレータではベジェ曲線という考えの曲線が利用されています。皆さんが利用されるデジタルカメラの写真はビットマップデータというものですが、同じように画面に表示されていてもベクターデータとは処理が異なるのです。

 ベクターデータは表示サイズに依らずに高精細な画像を結ぶことができます。この特性から印刷データの作成によく利用されてきました。現在そしてこれから、ディスプレイのサイズは大小さまざまになり、さらに高精細表示が可能になるでしょう。あらゆるデジタルコンテンツの制作でベクターデータの利用が優位になるかもしれません。もしかしたらデジタルカメラで撮った画像もベクターデータになっている日が来ると思うほどです。

 模擬授業では、実際のベジェ曲線に触れて、その画像をウェブページに貼り付け、ベクターデータがメディアに展開される様を体験的に知る機会とします。

企業ではどのような記録が作られ、保存されるのか~記録情報学入門~〔図書館・アーカイブズ体験〕(担当:村越 一哲 教授)

 記録情報とはどのようなものでしょうか。仕事を例にとって考えてみましょう。企業ではモノを買う場合、直接お店に行ったりはしません。その代わりに、いくらで売ってくれるか数社に「見積書」を依頼し、そのなかで条件の良いところに、「注文書」を書いて注文します。注文したモノが、「納品書」、「請求書」とともに届けられ、代金を支払うと、「領収書」が発行されます。これら一連の書類が記録情報です。

 記録情報とは仕事など様々な活動のなかで生み出され処理され、整理されて次の活動のために活用される情報のことです。また、これらのうち歴史を語る材料となる記録情報はアーカイブズとして永久に保存されます。

 模擬授業では、このような性格を持つ記録情報を扱う記録情報学を紹介します。

現代文化学部

駿大版・ダッシュ村![学生が取り組む古民家再生と地域活性化](担当:平井 純子 教授)

 「地域活性化」や「地域振興」というワードを聞いたことがありますか?政府も「地方創生」という言葉を用い、国を挙げて取り組んでいます。言葉は違えど、このような言葉が頻繁に聞かれるようになった背景には、日本の各地域で表面化している様々な問題があります。例えば、少子高齢化、空き家の増加、獣害など例を挙げれば数えきれないほど。これらをどう解決していくのかが課題となっています。

 駿河台大学現代文化学部平井ゼミの学生はこれらの問題を念頭に置きつつ、いかに楽しみながら地域の問題に向き合えるかを、実際に地域に飛び出し、体験的に考えています。そんな学生の活動を、画像とともに紹介していきます。

20170617oc_mogijugyou_gendaibunka.jpg

心理学部

「考え方」が自分を変える~臨床心理学入門~(担当:近藤 育代 講師)

 私達は、毎日、様々な出来事について、いろいろなことを感じ・考えながら生活しています。たとえば、勉強や部活がなかなか上手くいかない時、嫌になって落ち込んだり、自分には無理かもしれない、と思うことがあるかもしれません。

 でも、中には、同じような状況でも、それほど落ち込まずに、コツコツ努力していこう、と思う人もいるでしょう。ある出来事を体験したときに、それをどのように受け止めるかは、人によって違います。では、その違いは、どこから来るのでしょうか。

 模擬授業では、私たちが普段どのように物事を見ているのか、また、普段の物の見方が、私たちの気分や行動にどのように影響を与えているのか、考えていきます。


  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP