トピックス

8月7日(金)のオープンキャンパス『模擬授業』予告編!

15.07.31

8月7日(金)に行われるオープンキャパス『模擬授業』の内容をお知らせします。オープンキャンパスの集合時間は13時です。

事前申し込みは不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

法学部

なぜ消防車に道をゆずるのか? ―消防と法― (担当:倉島 安司 准教授)

 もし街の中で、誰かの家が燃えているのを見つけたら、あなたはどうしますか?常識を持っている人なら、まずは119番に通報するでしょう。

 では、火事を見つけたときあなたが、大学の試験に遅刻しそうで、電話している暇がなかったら?野次馬の中の誰かが通報するだろうと思って、帰ってしまったら?そうしたら、あなたは犯罪者になるのでしょうか?

 あるいはもし、サイレンを鳴らして移動する消防車を邪魔したら、どうなるのでしょう?

 日常でよく見かける消防や救急といった活動ですが、それらについて法律がどうなっているのかは、意外に知られていません。この機会に、消防をめぐる法律について、考えてみましょう。


経済経営学部

スポーツビジネスの世界 ―スポーツ用品からプロチームまで― (担当:小澤 伸光 教授)

20150807oc_e_1.jpg この講義では、スポーツビジネスの世界を例にして、経営学特に経営戦略論とマーケティング論の面白さをお伝えします。

 スポーツビジネスは、「スポーツ用品の製造・販売」と「プロスポーツ」とに分類できます。

 前者の例として、アシックスとヨネックスを取り上げます。アシックスは、スポーツシューズの開発から出発し、スポーツウェア、スポーツ用具の製造販売も行うようになりました。

 ヨネックスの出発点は、木製「ウキ」です。ウキ作りでえた技術を活かしてバドミントンラケットに進出し、プロ選手用品へと重点を移しました。両社は、自社技術を活用した関連多角化の典型なのです。

 浦和レッズのブランド構築の原点は、Jリーグ発足当初の、イギリスのロックカルチャーを取り入れた応援活動です。マーケティングにおける「ブランド構築の仕方」を考える一例として、説明する予定です。

メディア情報学部

映画の効果音の作り方【CDと擬音】  ― 映像・音響メディア体験 ― (担当:大久保 博樹 准教授)

 皆さんは、テレビドラマや映画の「音」がどのようにつけられているのか知っていますか。

・撮影の時にマイクで同時に録音した音を使う
・効果音を集めたCDから音を選んでつける

 よく、こうした答えが返ってきます。間違っているわけではないのですが、本物でないものを使って本物以上の音を作りだす「擬音」という技能もまだまだ欠かせません。

 模擬授業では、音作りの面白いエピソードからサウンドデザインの現状を取り上げ、貴重なプロ用の擬音制作小道具の実物やハリウッドで使われる音源などを紹介しながら、映画の音のメイキングをやさしく解説していきます。

最新ムービーメイキング  ―映像・音響メディア体験―(担当:斎賀 和彦 教授)

 映像制作機器、特にデジタル一眼レフとパソコンによる映像編集技術の進歩は、劇場映画にも匹敵する映像表現とクオリティをぐんと身近なモノにしました。すでに多くのテレビコマーシャルや映画、ドラマが、そのような手法で作られています。メディア情報学部ではその分野の第一人者ともいえる先生が実際に企業のCMやハイレベルの作品を制作し、学生が作った作品が映画館で公開されたりしています。

 この模擬授業では、そんな最新の映像制作の最先端技術を紹介しつつ、映像・音響コースのゼミで制作された作品のメイキングムービー上映や解説を行います。実際の大学で展開されるムービー制作のイメージを味わって欲しいと思います。


現代文化学部

はるかな文化の流れは時を超えて... ―一旅行者の見たバリの奥底― (担当:福永 昭 教授)

20150807oc_c_1.jpg 私はバリ大好き人間です。バリはインドネシアを代表するリゾート地であるとともに、何百年も前の暮らしと伝統が、今も息づいています。

 バリには、本物の骸骨も、本物の妖怪も、本物の精霊も、本物の死後の世界も、本物の生まれ変わりも存在します。 うっそうとしたバリの森の奥には、見たことも聞いたこともない世界が広がっています。

 バリの「時の流れ」を感じてください。
 あたらしい自分を見つけてください。


 

心理学部

 「見ること」のふしぎ ―認知心理学入門― (担当:青山 征彦 准教授)

 この講義では、わたしたちのアタマの働きについて研究する認知心理学の入門編として、人間の視覚、つまり「見ること」について考えてみます。

 私たちは、目を通して外の世界を見ていますが、実は外の世界そのままを見ているわけではありません。例えば、同じ大きさのものが違って見えたり、ありもしない線を見たつもりになったりするのです。

 いったい、私たちは、どのようにして世界を見ているのでしょうか。実際に錯覚しやすい図形を見たりしながら、楽しく考えてみたいと思います。


20150523_op_1.jpg

心理学部模擬授業予告編CM動画


  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP