トピックス

6月20日(土)のオープンキャンパス『模擬授業』予告編!

15.06.09

6月20日(土)に行われるオープンキャパス『模擬授業』の内容をお知らせします。オープンキャンパスの集合時間は13時です。

事前申し込みは不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

法学部

18歳で成人式? ―民法― (担当:上河内千香子 教授)

 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる法改正が進行しています。

 それに伴い、成人年齢そのものを18歳に引き下げる法改正も現実味を帯びてきました。成人年齢が20歳から18歳に引き下げられると法的にどのような違いが出てくるのでしょうか。18歳からお酒も煙草もOKになるのでしょうか。

 模擬授業では、主に「民法」という視点からこの問題を考えていきます。


経済経営学部

テーマパークのひみつ ―もうけのヒミツを探る― (担当:麻場 勇佑 講師)

 「テーマパークの背後では、たくさんのお金が動いています」。このように聞かされたらみなさんはどのように感じますか?

 人気テーマパークのヒミツとしてテレビでよく取り上げられるのは、従業員への教育や非現実的空間を作り出す数々の演出など、お客様へのおもてなしの側面が多いですね。

 その一方で、テーマパークとお金の関係について取り上げられることはあまりありません。やはり夢の国なので、お金との関係はあまり触れないようにしているのでしょうか。しかし、現実には、テーマパークの経営者は慈善事業を行っているわけではなく、利益を出す(もうける)ためにテーマパークを経営しています。

 今回の講義では、普段あまり語られることのない、テーマパークを取り巻くお金とのヒミツのカンケイを一緒に探ってみましょう。

メディア情報学部

ウェブデザインってなんだ?  ― デジタルデザイン体験 ― (担当:丸山 裕孝 教授)

 ウェブページは平面の表示であるために印刷物などグラフィックデザインのように思われる傾向にありますが、どちらかと言うと工業デザイン(プロダクトデザイン)に近いものです。

 たとえば身近な文具や家電では、製品にどのような機能が必要か考え、それらを取り扱い易くするための形と製造技術を擦り合わせ、手に取りやすいように素材と色彩を調和させています。同様にウェブサイトでは、掲載する情報に与える機能について考え、それらに接し易くするための形と情報通信技術を擦り合わせて、伝わり易いように嗜好と色彩を調和させています。

 授業では、それら工程の中でウェブデザイナーがどのような役割と技能を必要とされているのか紹介します。


図書館で情報を探すには  ―図書館・アーカイブズ体験―(担当:杉江 典子 教授)

 知りたいことがあったとき、課題に取り組むとき、趣味の世界を広げたいとき、図書館を使ったことはありますか?

 図書館は読書のための資料を所蔵しているだけでなく、所蔵する大量の資料の中に含まれる情報にアクセスするための便利な仕組みやサービスを用意して、皆さんが来るのを待っています。

 これらの仕組みやサービスは、どの図書館においてもだいたい共通していますので、知れば、今後も皆さんの情報探しの助けとなるでしょう。そして使えば使うほど探すスキルがアップし、きっと成績もアップし、お金をかけずに世界を広げることができるはずです。

 友達や家族にも自慢ができるかも。ぜひ参加してください。


現代文化学部

旅の目的=食べること?! ―観光と食のビミョーな関係― (担当:小林奈穂美 准教授)

 皆さん、旅は好きですか?食べることは好きですか?

 旅する人にとって「食べること」は、いつの時代も、日帰り旅行でも海外旅行でも必要不可欠です。そして、ただ、空腹を満たすために旅の途中や旅先で食するという時代から、食べることを旅の目的とする人々が増えているという現状があります。

 旅行会社のパンフレットを見ても、「○○ホテルのランチビュッフェとイチゴ狩り」、「寿司とスイーツ食べ放題」など、食べることが目的のツアーが目白押しです。

 今回は、過去と現状を踏まえ、未来を創造しながら、そんな観光と食との関係についてみなさんと考えてみたいと思います。


 

心理学部

人はなぜ犯罪を犯さないのか? ―犯罪原因論入門― (担当:古曵 牧人 准教授)

 みなさんは、犯罪のニュースを見たときにどんなことを考えるでしょうか?
 「なぜこんな犯罪が起きたのだろうか?」-そう疑問に思うことは少なくないと思います。

 「なぜ犯罪が起こるのか?」-これは、過去、多くの研究者が疑問に思い、研究してきたテーマです。ある研究者は犯罪者の心理面の特徴について研究を行い、また別の研究者は社会にその原因があると主張しました。実際、犯罪の原因を説明しようとする理論は多種多様です。

 言い換えると、多くの研究は「なぜ犯罪が起こるのか?」という疑問をその出発点としているわけですが、今回の授業では、これとは逆のアプローチ(人はなぜ犯罪を行わないのか?)で犯罪を検討した理論を紹介します。

 今までとは違う視点で犯罪報道を見ることができるようになると思います。

20150523_op_1.jpg

心理学部模擬授業予告編CM動画


  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP