メディア情報学部

Media and Information Resources

駿河台大学メディア情報学部で学ぶと将来のこんな「あなた」につながる

映像・音響分野
  • テレビ局
  • ラジオ局
  • 映像制作会社
  • 広告制作会社
  • 音響デザイナー
  • 出版社
  • 自治体
  • 一般企業

など

デジタルデザイン分野
  • デザイン制作会社
  • ウェブ制作会社
  • 印刷会社
  • 一般企業
  • ネットワークサービス関連企業

など

図書館・アーカイブズ分野
  • 図書館司書
  • 美術館・博物館学芸員
  • 自治体
  • 出版社
  • 書店
  • 一般企業
  • 検索システム・データベース開発関連企業

など

メディアの理解と情報力で明日の社会を切り拓く

デジタル技術の発展により、情報を創り出すことが比較的容易になり、いつでもどこでも携帯電話などで利用できるようになりました。求められる情報を必要なときに創り出し、探しやすく整理し、使いやすく見せられる人材が社会のいたるところで必要になっています。メディア情報学部では、最新の技術とメディアを使いこなして情報を創造し活用するための知識とスキルが学べます。

特色01
デジタルを軸にした情報活用の学び
  • 最新のデジタル機器を使用した授業
  • デジタル時代の情報管理・分析力を習得
  • 1年生から専門性と総合力を重視
特色02
3分野7モジュールからなる自由度の高いカリキュラム
  • 自分の「好き」を「強み」に変換する
  • モジュールの組合せによる多分野学習
  • 研究系教員と実務家教員の二軸
特色03
学修成果の外部保証としての資格取得
  • 資格取得に有利なカリキュラム
  • 学部として資格取得支援体制を整備
  • 資格を活用した有利な就職活動

映像・音響分野

  • 映像モジュール
  • 音響モジュール

映像制作や音響制作に関する知識と技術を身につける

どのような科目があるの?

映像制作の技術と実践を学ぶ「映像編集技術論」、「映像制作実習」、「CM制作論」、映像コンテンツについて考える「コンテンツアナライズ論」など

  • 最新のデジタル機材や環境で行う実践的な課題の中で、映像・音響の表現方法を身につけます。
  • メッセージ、CM、ミュージックビデオ、ドキュメンタリーなど、さまざまなプロジェクト形式で学べます。
  • マスメディアやジャーナリズムについて学ぶことができます。
  • プロフェッショナルな現場を知る、実務家教員による手厚い指導を受けることができます。
  • 企画から完成までを協力して行うことで、さまざまな仕事で役に立つチームワークが養われます。
  • 映像や音響の実制作を通じて、現在のメディア社会を理解するための視座を得ることができます。
Message
今井 亮太 さん

今井 亮太 さん

メディア情報学部 3年

自分の希望分野を実践的に学ぶことができる

私は入学時から意識していた“音”について学ぶゼミに所属しています。映画やラジオの音響の効果、制作方法そしてそれらの本質を実践的に学んでいます。現在は自分たちでストーリーを作り、撮影し、グループごとに映像に対して適切な音をつける制作をしています。

3年次の時間割(例)
 
1時限 データベース
設計論
Aiと
データサイエンス
メタデータ概論 映像演出論 論文執筆法
2時限 音楽情報処理
演習
デジタルコンテンツ
制作演習
ソーシャル
メディア論
キャリア実践Ⅰ
3時限 ゼミナールⅠ
4時限 デジタル・
アーカイブ論
制作技術論
5時限

デジタルデザイン分野

  • アニメーションモジュール
  • デザインモジュール
  • 情報処理モジュール

デジタル環境や情報技術に立脚した表現力・伝達力を身につける

どのような科目があるの?

ウェブの技術を学び実習する「ウェブ制作論」、「ウェブデザイン実習」、デザイン、イラストレーション制作を学ぶ「グラフィックデザイン演習」など

  • グラフィックデザインやウェブデザインを、基本から学ぶことができます。
  • コンピュータ・システムやプログラミング、ネットワーク構築など、情報技術の基礎が学べます。
  • デジタル環境を前提とした、情報を整理・表現・伝達する能力を養います。
  • 現在のメディア環境に適応するために必要な、幅広い内容を学ぶことができます。
  • ビジュアルを用いたコミュニケーションのための知識と技術を身につけることができます。
  • アニメーションやゲーム制作におけるデジタルワークフローを総合的に捉える能力を養えます。
Message
齋藤 優花 さん

齋藤 優花 さん

メディア情報学部 3年

いろいろな考えの他者の受容からアイデアが広がるデザイン

デジタルデザイン分野は、デッサン、色彩構成、デザインの基礎から、ウェブやグラフィックデザインについて学びます。私のゼミでは、“子どもの遊びをデザインする”をテーマに、イラストレーターでモビールをデザインしたり、クレイアニメを制作しています。

3年次の時間割(例)
 
1時限 情報資源
組織演習Ⅰ
グラフィック
デザイン論
メタデータ概論 ネットコンテンツ論 キャリア実践Ⅰ
2時限 情報サービス
演習Ⅰ(基礎)
ウェブ制作演習
3時限 マルチメディア論 情報と経済 取材論
4時限 ゼミナールⅠ 情報サービス論
5時限

図書館・アーカイブズ分野

  • 図書館モジュール
  • 博物館・アーカイブズモジュール

大切な社会の情報を収集・整理し活用する力を磨く

どのような科目があるの?

図書館情報学の理論と実際を学ぶ「図書館情報学」、博物館の展示手法を学ぶ「博物館展示論」、アーカイブズの基礎を学ぶ「アーカイブズ学」など

  • 卒業に必要な授業の中で、司書や学芸員の資格が取得できます。今日のデジタル技術や、これからのメディア社会に対応した知識を身につけることができます。
  • 社会の情報を扱う、図書館情報学、博物館情報学、記録情報学を学ぶことができます。
  • 情報の収集・整理・保存など、社会で幅広く活用できる情報管理能力を養うことができます。
  • 新たな価値の創造に向けて、テキストだけでなく映像や音響などさまざまな情報資源を扱うことができます。
  • 技術的・実務的な情報における文章技法などのスキルを身につけることができます。
Message
佐藤 樹音 さん

佐藤 樹音 さん

メディア情報学部 3年

さまざまな種類の情報を見極め判断する能力が高められる

私は学芸員と図書館司書の2つの資格取得を目指しています。情報管理とともに情報理論やICTの知識についても学んでいるので、メディア社会への対応力が身につくと思います。村越ゼミではアーカイブズの視点から伝統文化に関する研究に取り組んでいます。

3年次の時間割(例)
 
1時限 情報資源
組織演習Ⅰ
オンライン
メディア管理論
ネットワーク
構築論
図書館制度・
経営論
2時限 博物館
資料保存論
ソーシャル
メディア論
キャリア実践Ⅰ
3時限 図書館
情報資源概論
4時限 アーカイブズ学 ゼミナールⅡ 情報サービス論
5時限 博物館情報・
メディア論
※1時限(9:20~10:50)、
2時限(11:00~12:30)、
3時限(13:20~14:50)、
4時限(15:00~16:30)、
5時限(16:40~18:10)

PAGETOP