メディア情報学部

メディア情報学部

クリエイティビティの本質を学ぶ

求める人物像

情報の生産から最終的なアーカイブ化に至るまでの過程を、各種実務に応用できる柔軟かつ積極的な 能力を獲得することが望まれる。そのためにノウハウ(技術)のみならず、ノウホワイ(理論)について、常に 地域における自己の位置から考える姿勢を持つことが大切である。

駿大メディア情報学部で学ぶと、将来のこんな「あなた」につながる

【映像・音響メディアコース】
  • テレビ局
  • ラジオ局
  • 番組制作会社
  • アナウンサー
  • 音響デザイナー
  • 出版社
  • 自治体
  • 一般企業
【デジタルデザインコース】
  • コンピューター・情報検索・広告宣伝・ウェブデザイ ン関連企業
  • 自治体
  • 一般企業
【図書館・アーカイブズコース】
  • 図書館司書
  • 美術館・博物館学芸員
  • 検索システム・データベース開発関連企業
  • 自治体
  • 一般企業

メディア情報学部の特色

メディアの理解と情報力で明日の社会を切り拓く

デジタル技術の発展により、情報を創り出すことが比較的容易になり、いつでもどこでも携帯電話などで利用できるようになりました。求められる情報を必要なときに創り出し、探しやすく整理し、使いやすく見せられる人材が社会のいたるところで必要になっています。メディア情報学部では、最新の技術とメディアを使いこなして情報を創造し活用するための知識とスキルが学べます。

メディア情報学部の特色

特色1

「情報資源」という考え方

「情報資源」から必要な「情報」を創造(抽出)するという考え方に基づいて、専門教育では写 真、グラフィックス、動画などの映像情報、音楽や環境音などの音響情報、図書館の本や雑誌、企業の記録、文書館の記録史料(アーカイブズ)などの記録情報、博物館の展示品というモノ情報を扱います。

特色2

3つのコースで情報社会のどんな変化にも対応

さまざまな「情報」を扱う3コースでは、各専門分野とともに、他コースの関連科目も学べます。たと えば映像・音響メディアコースで映像を制作していても、他コースの科目でネットワークによる制作物の配信や、制作後の管理・保存方法を学べます。制作、流通から保存、再利用までを総合的に扱う視点を持てることがメディア情報学部の大きな魅力です。

特色3

1年生からゼミナール

1年次のオリエンテーションゼミナール、2年次のプレゼミナールでは少人数クラスで学生一人ひ とりに目を配った教育を実践しています。オリエンテーションゼミナールでは大学生としての基礎を学び、さらに、各コースの実習を体験してメディア情報学部で学ぶ幅広い内容に興味を抱かせます。プレゼミナールは3・4年次のゼミナールを体験する、専門的な勉強をしていく前の入門的なゼミナールです。

コース紹介

映像・音響メディアコース

映像制作や音響制作に関する知識と技術を身につける

CM、メッセージ映像、ミュージックビデオ、ドラマ、ドキュメンタリーなどの制作をとおして、映像・音響による表現方法を身につけます。また、マスメディアやジャーナリズムについても学びます。作品の企画から完成までを協力して行うことによって、情報を効率的に表現・発信できる実践力や、メディアを見つめ総合的に判断する力などが得られます。養われるチームワークは、メディア業界や広告業界だけではなく、さまざまな仕事で役立ちます。

どのような科目があるの?

映像制作の技術と実践を学ぶ「映像編集技術論」、「映像制作実習」、「CM制作論」、映像コンテンツについて考える「コンテンツアナライズ論」など

仁平 賢斗

仁平 賢斗さん

メディア情報学部 3年

Message

映像・音響メディア分野では、2年生での講義や実習をもとに、3年生では自分の興味がある内容を深く学びます。講義で専門的な知識を学び、実習に必要な知識を得たうえで、多くの視点から考え、実習に活かすことができます。機材の使い方などの基礎から教えてくれるので安心して臨めます。また、作品制作を通して多くの人とも関わることができます。

3年次の時間割(例)

デジタルデザインコース

情報技術や表現力を獲得し、人の感性にアピール

ウェブデザインやグラフィックデザイン、アニメーション制作などから、それらを支えるコンピュータのシステムやセキュリティ、ネットワーク構築までと、学べる範囲が広いことが特徴です。基礎から応用へと段階的に力を身につけられるよう授業が設けられていますので、スペシャリストを目指せます。また、一般の職場で活用されるウェブサイトや印刷物の作り方、コンピュータの管理・運用に関する技術や知識を身につけられます。

どのような科目があるの?

ウェブの技術を学び実習する「ウェブ制作論」、「ウェブデザイン実習」、デザイン、イラストレーション制作を学ぶ「グラフィックデザイン演習」など

清水 勇

清水 勇さん

メディア情報学部 3年

Message

デジタルデザインでは、ウェブや広告を作りながらアプリケーションの使い方や表現の仕方を学びます。何をどう表現するかを考えながら楽しく作業をしています。今まで何気なく見ていた広告やウェブなど、いろいろなデザインを注意深く見るようになり、ゼミやサークルで何かを作る時は、文字や色にこだわるようになり、表現の幅が広がったように感じます。

3年次の時間割(例)

図書館・アーカイブズコース

大切な社会の情報を収集・整理し、人に伝える力を磨く

大切な映像作品やウェブページは、作っただけで何もしないと散逸してしまいます。収集し整理をすれば、新たな作品の制作、すなわち価値の創造に結びつくかもしれません。このような考え方に基づいて、社会の情報を扱ってきたのが図書館情報学、記録情報学や博物館情報学です。これらの情報学によって情報を整理するための知識と実務を学びます。司書や学芸員の資格を活かす専門職を目指せます。また、社会で広く活かせる情報管理能力も身につけられます。

どのような科目があるの?

図書館情報学の理論と実際を学ぶ「図書館情報学」、博物館の展示手法を学ぶ「博物館展示論」、アーカイブズの基礎を学ぶ「アーカイブズ学」など

林原 美香

林原 美香さん

メディア情報学部 3年

Message

図書館・アーカイブズ分野には、図書館司書や学芸員などの資格が取得できる科目が揃っています。私は学芸員資格の取得を目指しています。情報のことを学んでいるうちに、企業や自治体で行う「情報管理」についてもっと知りたいと思うようになり、3年生からは学芸員の勉強とともに記録情報管理者検定試験のための勉強にも力を注いでいます。

3年次の時間割(例)

  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP