法学部

Law

駿河台大学法学部で学ぶと将来のこんな「あなた」につながる

企業と法コース
  • 一般企業
  • 宅地建物取引士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 消費生活アドバイザー
  • 知的財産管理技能士
  • ビジネス実務法務検定

など

警察・消防コース
  • 警察官
  • 警察事務官
  • 消防官
  • 消防事務官
  • 自衛官
  • 刑務官
  • 法務教官
  • 海上保安官

など

法職・行政職公務員コース
  • 国家公務員(一般職・専門職)
  • 都道府県・市町村職員
  • 裁判所事務官
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 法科大学院進学

など

法律の知識を生かして社会に貢献する
人材を育成します

法律を学ぶということは、ルールに従って紛争を解決し、それを未然に防止する知識や方法を身につけることです。法学部は必ずしも法律の専門家を育てることを目標にしていません。皆さんには、将来さまざまな分野で活動し、社会の人々に貢献するために、多くの知識を学び、ものの見方や考え方を身につけてほしいと願っています。各種資格の取得も大きな励みになります。

特色01
希望する進路に即したコース設定
  • 各種資格取得と法律に強いビジネス・パーソンを目指す「企業と法コース」
  • 市民を守る警察官・消防官や法務教官などを目指す「警察・消防コース」
  • 法科大学院進学、法律の専門職や行政職公務員を目指す「法職・行政職公務員コース」
特色02
3階建てによる公務員試験対策
  • 各種の公務員試験受験に向けての基礎学力を養える「法学部の授業とカリキュラム」
  • 進路別の勉強会、筆記試験合格者を対象にした模擬面接で手厚くサポートする「公務員・資格試験学習室」
  • 試験テクニックをマスターし、筆記対策を完成させる「公務員講座」(学内で受講できます)
特色03
法学部独自の進路型社会貢献
  • 警察官と交通安全など地域を見守る飯能警察署「防犯リーダー」
  • 消防官と防災・消防活動の一端を担う飯能市「消防団」
  • 市役所職員と模擬選挙を行う飯能市「選挙サポーター」
  • 弁護士と法律相談や模擬裁判を行うサークル「法律相談部」

企業と法コース

賢いビジネス・パーソン、賢い消費者になろう

どのような科目があるの?

ビジネスに役立つ法律として「契約法」や「商法」、「会社法」、「知的財産法」のほか、企業経営に必要な知識として「経営学総論」や「会計学総論」、「原価計算論」など

  • 法学部の卒業生の8割は、さまざまな業種の民間企業や団体で、法律の知識を活かして働いています。
  • 「経営学」、「簿記原理」、「会計学」、「原価計算論」、「電子マネーと法」、「知的財産法」、「会社法」など企業で働くために必要な科目を学ぺます。
  • 日常生活を平穏で快適に過ごすために必要な、生活に密着した法律の知識を身につけられます。
  • もし、日々の生活の中で法律問題に巻き込まれてしまった場合に、どのように対処すればよいかを考えます。
  • 「ビジネス実務法務検定」や「消費生活アドバイザー」、「宅地建物取引士」といった就職活動で大いに評価される資格の取得を支援します。
  • コンプライアンス(法令遵守)を重視する社会で、ワンランク上の社会人を目指しましょう。
Message
酒井 未羽 さん

酒井 未羽 さん

法学部 3年

合格率15%以下の資格取得も夢じゃない!

企業と法コースでは、将来役立つビジネス上の法律知識を身につけ、「ビジネス実務法務検定」や「行政書士試験」などに挑戦することができます。合格率が低い検定や資格も、その分野を得意とする先生方の指導のもとで努力すれば合格が見えてきます。

3年次の時間割(例)
 
1時限 会計学総論 財政学 現代人と心理
2時限 地域と社会 現代社会と
メディア
地域社会と
経済
ゼミナール 現代思想
3時限 民法
(債権総論)
犯罪心理学 民法
(担保物権)
経営学総論
4時限 キャリア実践 災害と法 社会保障法
5時限

警察・消防コース

文武両道で警察官・消防官を目指そう

どのような科目があるの?

基本の「刑法」「刑事訴訟法」「刑事政策」、社会の仕組みを学ぶ「憲法」「行政法」、市民を守る「少年法」「消費者法」「被害者学」、試験対策の「警察と法」「消防と法」など

  • 犯罪や災害から一人でも多くの市民を守りたい。そんな情熱を仕事に活かすためのコースです。
  • 警視庁、埼玉県警察、東京消防庁など、このコースから多数の合格者が生まれています。
  • 「刑法」「刑事訴訟法」「行政法」などをはじめ、警察官・消防官になってから実践に役立つ法律科目を配置しています。
  • 「警察と法」や「消防と法」など、採用試験(論作文試験)と関わりの深いテーマを掘り下げる科目を配置しています。
  • 「災害と法」のような「学問」と「実務」とを融合した科目を学ぶことで、法と市民の安全・安心の関わりを深く理解し、警察官・消防官にふさわしい知性と教養を身につけることができます。
  • 部活動に励みつつ警察官・消防官を目指したいという学生を力強くサポートします。
Message
山岸 瞭介 さん

山岸 瞭介 さん

法学部 2年

警察官・消防官試験に早めの対策ができる!

警察・消防コースでは、警察官・消防官試験に毎年出る問題の解き方や、小論文の書き方を学ぶことができます。本番の試験対策に早めに取りかかることができ、心の余裕が持てます。警察官や消防官の実際の活動についても興味深く学ぶことができます。

2年次の時間割(例)
 
1時限 キャリア発展 飯能学 政治学
2時限 刑法総論 知的財産法 ジェンダー論
3時限 比較文明論 法学 公務員への道 憲法
(統治機構)
4時限 プレゼミナール 環境生物学 健康と
スポーツの医学
5時限 現代自然科学 倫理学概論

法職・行政職公務員コース

法律や行政に関する知識を身につけ法律専門職や行政職公務員を目指そう

どのような科目があるの?

まず「憲法」、「民法」、「刑法」、「行政法」などを幅広く学びます。また、公務員試験対策を行う「公務員への道」、「公務員試験対策演習」などがあります。

  • 法律や行政の知識を活かして、さまざまな舞台で社会や市民の役に立ちたい学生を対象にしたコースです。
  • 法科大学院への進学や、弁護士・裁判官・司法書士・行政書士など法律専門職に関わる各種資格の取得を目指します。
  • 都道府県庁や市役所、町・村役場の職員など行政職に関わる公務員試験の合格を目指します。
  • 法律専門職や行政職公務員の実務に関わる「憲法」、「民法」、「刑法」、「行政法」など法律・行政科目を中心に学びます。
  • 「公務員への道」、「公務員試験対策演習」など公務員試験に対応する実践的な科目も豊富に用意されています。
  • 大学教員による一般的な講義だけでなく、弁護士などの法律専門家、市役所の職員による実務的な講義も開設されています。
Message
川口 真衣 さん

川口 真衣 さん

法学部 3年

社会と市民の役に立つという目標に向かって

法職・行政職公務員コースでは、「公務員への道」と「公務員試験対策演習」の連携した授業などを通じて、効率よく将来のための勉強をすることができます。また、授業やゼミで定期的に行われる小テストは、勉強の習慣化にとてもよい刺激となります。

3年次の時間割(例)※教職課程科目も履修中
 
1時限 社会学概論 教育の方法と
技術
現代人と心理
2時限 地域と社会 民法(総則) 社会科・
公民科教育法
ゼミナール
3時限 地方自治法 地誌学概論 社会科・
地歴科教育法
4時限 キャリア実践 災害と法 近現代日本史 憲法
(基本的人権)
5時限 教育学演習 地域行政と法
※1時限(9:20~10:50)、
2時限(11:00~12:30)、
3時限(13:20~14:50)、
4時限(15:00~16:30)、
5時限(16:40~18:10)

PAGETOP