法学部

法学部

人生に役立つ「武器」になる

求める人物像

法学部では「法学士力」を養います。これは良質の情報を選り分け、内容をよく吟味し、自分の意見をまとめて相手に伝える「コミュニケーション能力」と、専門知識を土台にして論理的に考え、具体的な問題を解決し、さらに他の問題に応用できる「適正な法感覚」から構成されます。このような教育に関心のある学生を求めています。

駿大法学部で学ぶと、将来のこんな「あなた」につながる

【企業と法コース】
  • 一般企業
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士
  • 消費生活アドバイザー
  • 税理士
  • 知的財産管理技能士 など
【警察・消防コース】
  • 警察官
  • 警察事務官
  • 消防官
  • 消防事務官
  • 自衛官
  • 法務教官
  • 刑務官
  • 海上保安官 など
【法職・行政職公務員コース】
  • 国家公務員(一般職・専門職)
  • 県庁
  • 行政職公務員(市町村職員)
  • 裁判所裁判官
  • 警察事務
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 法科大学院進学 など

法学部の特色

法律の知識を生かして社会に貢献する人材を育成します

法律を学ぶということは、ルールに従って紛争を解決し、それを未然に防止する知識や方法を身につけることです。法学部は必ずしも法律の専門家を育てることを目標にしていません。皆さんには、将来さまざまな分野で活動し、社会の人々に貢献するために、多くの知識を学び、ものの見方や考え方を身につけてほしいと願っています。各種資格の取得も大きな励みになります。

法学部の特色

特色1

希望する進路に即したコース設定

法学部は学生の希望する進路に応じて3つのコースを用意しています。法律の知識を活用して社会のさまざまな分野で活躍したい人のための「企業と法コース」。警察官や消防官を目指す人のための「警察・消防コース」。法律系の資格取得を目指したり、法科大学院に進学したり、行政職公務員になりたい人のための「法職・行政職公務員コース」。それぞれのコースで将来の進路に関わる科目を履修して、夢の実現に向けて努力してください。

特色2

基礎から応用まで役立つ科目配置

法学部では、1年次に憲法、民法、刑法、行政法、商法などの概論科目で、さまざまな法律を基礎からじっくり学ぶことができます。2年次以降は、これらの科目についてさらに知識を深めるとともに、各コースに分かれて希望する進路に直結した専門科目を履修していきます。視野を広めるための教養系科目や、教員を目指す人のための教職系科目も充実しています。就職対策演習を受講して、就職試験への準備もしっかりしましょう。

特色3

愛情教育に根ざした少人数制ゼミ

法学部では4年間を通じて10人前後のゼミナールを用意しています。1年次の基礎演習では大学教育に必要なさまざまなスキルを身につけます。2年次には展開演習で教員の専門とする分野について学ぶか、選択演習で希望する進路につながる知識を習得するかを選ぶことができます。3・4年次は全教員が担当する発展演習で、それぞれの分野について知識を深め、ものの見方や考え方を習得します。楽しく真剣に勉強しましょう。

コース紹介

企業と法コース

賢いビジネスパーソン、賢い消費者になろう

法学部卒業生の8割はさまざまな民間企業で働いています。企業と法コースでは、企業を中心とする法制度のほか、経営・労働などの関連する分野も幅広く学んで「法律に強い企業人」を目指します。このような生活に密着した法律知識に触れて、親しんでおくことによって日常生活の法律問題にも対応できるようになります。また、このコースは「ビジネス実務法務検定」や「宅地建物取引士」、「消費生活アドバイザー」など就職活動で評価される資格試験のための授業も多数配置しています。

どのような科目があるの?

ビジネスに役立つ法律として「契約法」や「商法」、「会社法」、「知的財産法」のほか、企業経営に必要な知識として「経営学総論」や「会計学総論」、「原価計算論」など

杉山 美紅さん

法学部 3年

Message

企業と法コースでは「宅地建物取引士」や「ビジネス実務法務検定」など法律系の資格取得に必要な知識や、社会で役立つビジネス上の法律知識を身につけます。大学で法律を学び、仕事で役立つ資格を取得すれば、就職後も活躍することができます。

3年次の時間割(例)

警察・消防コース

文武両道で警察官・消防官を目指そう!

犯罪や災害から人々を守りたい。そんな情熱を仕事に活かせるのが、警察官や消防官です。このコースでは、警察官や消防官として「体力」と「学力」を兼ね備えた人材が求められることを踏まえ、部活動に励みつつ文武両道で警察官・消防官を目指す学生の進路をサポートします。警察官・消防官の仕事に役立つ「刑法」「行政法」などをはじめ、試験対策科目の「警察と法」や「消防と法」を学ぶことができます。また、犯罪心理系の講義を受けられるので法務教官を目指す人にも対応したコースです。

どのような科目があるの?

基本の「刑法」「刑事訴訟法」「刑事政策」、社会の仕組みを学ぶ「憲法」「行政法」、市民を守る「少年法」「消費者法」「被害者学」、試験対策の「警察と法」「消防と法」など

青木 健悟さん

法学部 2年

Message

警察・消防コースでは、採用試験に必要な知識を基礎から学べます。数的処理を始めとする教養問題や論作文試験にも対応した、公務員試験対策を取ることができます。授業外での勉強会や公務員講座を利用すれば、合格をぐっと引き寄せられます。

2年次の時間割(例)

法職・行政職公務員コース

法律・行政を学んで法律専門職や行政職公務員を目指そう

法律や行政の知識を活かして社会の役に立ちたい。そんな希望を持つ人の進路として、「県庁や市町村の役所に勤務する」、「司法書士や行政書士の資格を取得する」、「法科大学院に進学して弁護士を目指す」などが挙げられます。法職・行政職公務員コースではこれらの進路に不可欠な憲法、民法、刑法、行政法など法律専門職や行政職公務員の実務に関わる基本的な法律を中心に学びます。また、「公務員への道」、「公務員試験対策演習」、「地域行政と法」などの試験対策科目も受講できます。

どのような科目があるの?

まず「憲法」、「民法」、「刑法」、「行政法」などを幅広く学びます。また、公務員試験対策を行う「公務員への道」、「公務員試験対策演習」などがあります。

平賀 穂乃実さん

法学部 2年

Message

法職・行政職公務員コースでは、早期から採用試験対策ができます。「公務員への道」ではプロの講師が講義をしてくださり、「公務員試験対策演習」では過去問を解いて、出題傾向や解法を学びます。ゼミでも面接や集団討論に慣れることができます。

2年次の時間割(例)

  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP