埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)

地元で生まれ、地元で育ち、地元で生きていく若い世代への支援

駿河台大学は、埼玉県の東武東上線沿線及び西武線沿線の大学、自治体、企業が連携するプラットフォームに加盟し、「地元で生まれ、地元で育ち、地元で生きていく若い世代への支援」というビジョンのもと地域の課題解決及び地域活性化の推進に向けた「多様な高等教育の提供」、「生活しやすい地域づくり」、「地域産業の活性化」等の活動を柱とした地域づくりに取り組んでいます。

TJAP活動

クリックするとPDFが開きます。(PDF:500KB)

プラットフォーム活動実績

【運営】
  • TJUP全体会/幹事会/運営協議会/分科会参加
  • TJUP運営幹事校として監査に就任、監査実施
  • 「生活しやすい地域づくりの推進」を目標としたWG3のサブリーダー校に就任
  • 産業界との連携強化のため「飯能信用金庫」の加盟を仲介し、併せてTJUP事業者担当校に就任
【事業】
  • 「TJUP県西部地域大学リレー公開講座」の実施統括(全6回)、第1回公開講座を本学にて実施
  • 「機能別地域消防団」の設置(本学は常設消防団に入団)
  • 「地域産業の活性化に係る共同FD・SD」の開催及び講師
  • 「学園祭連携事業/合同入試広報ブース」の設置
  • 「学園祭連携事業/お訪ね隊」の参加
  • 「TJUP構成校・単位互換制度」の実施
  • 地域の教育支援活動「かけっこ教室」参加
  • 教育連携懇談会参加
【研究】
  • 東京家政大学、飯能商工会議所、奥むさし観光協会、市内企業との共同研究「地元木材資源の活用研究」の実施
  • 東京家政大学との共同研究「女性の飲酒と健康について」の実施
【その他】
  • 東京家政大学との施設共同利用の協定締結及び施設利用
  • 大学コンソーシアムひょうご神戸・TJUP共同FDSD参加
  • TJUP職員対象海外SD研修及び学生対象合同海外語学研修の企画参加


TOP