飯能信用金庫との産学連携事業

沿革

駿河台大学と飯能信用金庫は、平成19年3月19日に締結された産学連携に関する協定に基づき、次の事項に関して提携・協力しています。

  1. 地域の経済及び企業経営に関する調査・研究
  2. 地域振興活動推進への助言・指導
  3. 地域企業へのインターンシップの促進
  4. 大学における金融教育の促進
  5. 地域教育機関における金融教育方法の共同研究
  6. その他産学連携活動に寄与する事項の促進

これらの活動は両者が設置する「産学連携事業実施委員会」において実施及び運営について検討していますが、具体的な活動実績は次のとおりです。

駿河台大学と飯能信用金庫の連携事業(概略図)

組織図

輝け!飯能プランニングコンテスト

「輝け!飯能プランニングコンテスト」は、飯能信用金庫と駿河台大学が産学連携事業の一つとして主催するコンテストです。飯能市の「ひと・モノ・自然」を活かしながら飯能の魅力をアピールするプランやアイデアを募集して、内容のユニークさや実現性などを審査します。
すぐれた作品には最優秀賞や優秀賞とともに賞金が授与され、実現性が高く優秀なプランは主催団体が事業化のサポートをします。
駿河台大学の学生も毎年このプロジェクトに参加し、課題発見能力や問題解決能力、プレゼンテーション能力などを総合的に養うことを目指しています。

「第12回輝け!飯能プランニングコンテスト」

飯能の活性化に関心のある個人・法人・団体・学生の皆さんから、飯能の元気の素(人・もの・自然・企業などの地域資源)を活用した、飯能を輝かせるプランを募集します。
応募に関する詳細は、以下の応募要領をご覧ください。


飯能プランニングコンテストチラシ(PDF:2MB)

募集期間:2018年 9月 20日(木)~2018年 10月 19日(金)必着※期日厳守

 

地域活性化講演会

第11回地域活性化講演会は、村澤彰氏を講師に迎え、「赤レンガ倉庫開発に見る地域活性化のヒント~年間500万人集客のメカニズム~」を演題として、平成29年(2017年)11月15日(水)に開催しました。

第10回地域活性化講演会は、粂原恒久氏を講師に迎え、「観光立国日本と川越の発展~それを支える歴史と文化~」を演題として、平成28年(2016年)11月17日(木)に開催しました。

第9回地域活性化講演会は、鳥塚亮氏を講師に迎え、「いすみ鉄道復活秘話~廃線の危機からの脱出~」を演題として、平成27年(2015年)11月28日(土)に開催しました。

第8回地域活性化講演会は、和田理都子氏を講師に迎え、「都市を測る、都市を活かす:飯能市を中心に」を演題として、平成26年(2014年)11月12日(水)に開催しました。

第7回地域活性化講演会は、高麗文康氏を講師に迎え、「高麗郡建郡1300年に向けて~渡来から未来へ~」を演題として、平成25年(2013年)11月6日(水)に開催しました。

地域活性化講演会

第6回地域活性化講演会は、中里昌平氏を講師に迎え、「飯能商工会議所の取り組み」~激変の繊維業界とファッションの現況~を演題として、平成24年(2012年)11月7日(水)に開催しました。

第5回地域活性化講演会は、司波寛氏及び飯能市職員を講師に迎え、「飯能市中心市街地活性化基本計画 木が薫り人がかがやく元気なまち飯能」を演題として、平成23年(2011年)11月9日(水)に開催しました。

第4回地域活性化講演会は、島田憲一氏を講師に迎え、「地域と生きる商店街 秩父市みやのかわ商店街の事例」を演題として、平成22年(2010年)11月10日(水)に開催しました。

第3回地域活性化講演会は、佐川嘉久氏(まちづくり研究家・全国まちづくりフォーラム代表)を講師に迎え、「歩いて楽しい中心街再生のアイデア戦略」を演題として、平成21年(2009年)11月11日(水)に開催しました。

第2回地域活性化講演会は、王利彰氏((有)清晃代表取締役 立教大学大学院教授)を講師に迎え、「食のビジネスからの商店街活性化!!」を演題として、平成20年(2008年)11月13日(木)に開催しました。

第1回地域活性化講演会は、佐川嘉久氏(まちづくり研究家・全国まちづくりフォーラム代表)を講師に迎え、「人にやさしい生活中心街づくり」を演題として、平成19年(2007年)11月16日(金)に開催しました。

共同調査

協定に基づき、地域経済に関する調査・研究として、平成19年度から埼玉県西部地域の市における消費動向調査を実施しています。

寄附講座

平成20年度より飯能信用金庫の寄付講座「金融Today」が開講されています。
毎回飯能信用金庫の異なった業務分野を担当する現役の講師団から地域金融機関の使命と役割、預金、貸出、為替業務等の基幹業務、地域貢献について講義を受けることができます。講義は個別具体的で地域金融機関が地域で果たす役割を具体的にイメージできるように構成されています。
講座のコーディネーターは本学の湯浅由一経済経営学部教授が務めています。

地域インターンシップ

協定に基づき、地域企業のインターンシップの促進活動として、「インターンシップI」に登録した学生を飯能信用金庫がコーディネートした企業に夏期休業期間中に派遣しています。

その他

「経済Today」並びに「キャリアマネジメント」等のキャリア教育科目に飯能信用金庫職員を「特別講師」として派遣依頼し、本学のキャリア教育の一環を担っていただいております。

Get_Adobe_Acrobat
PDFファイルを表示するには、Adobe(R) Reader(TM)が必要です。
バナーから無料でダウンロードできます。

TOP