お知らせ

北欧スタイルのクリスマスリース作りを実施しました

2022/12/20

スポーツ科学部 平井純子

駿河台大学の人気の公開講座「北欧スタイルのクリスマスリース作り」を実施しました。

ゲストのみなさまは「北欧」「クリスマスリース」というテンションのあがる言葉に導かれて本講座をお申込みくださったのですが、実はこの講座の裏のミッションは「環境保全活動」。リースの土台となるツル性の植物=絞め殺しの木を駆除していただく、というものです。駿河台大学の立地する飯能市はエコツーリズム(環境保全、観光振興、地域振興、環境教育をバランスよく進める観光のカタチ)の推進地であり、大学でもSDGsの推進に力を入れているところです。
ツル性の植物とともにリースに飾る植物も採取して、教室で飾り付け。クリスマスソングを聞きながら、ゆっくりじっくり、思い思いのオリジナルリースを完成させました。

20221220chiiki_01.png

20221220chiiki_02.png

20221220chiiki_03.png

以下、ゲストの皆様のコメントです。

平井先生の講座は3回目です。
いつも楽しくて、学びの場でもあります。自然も好きですし、作る事も大好きなので、また参加させていただきたいです。(50代、女性)

自然と共に夢中になった時間でした。身近な大学の裏山に宝のつるがたくさんあり、それを採ることで里山保護にもなるとのこと!思いっきりつるにぶらさがりました。先生の明るさとパワー、そして学生さんの親切で素直な姿勢に心洗われました。とにかく夢中、無心のひととき!(50代、女性)

前回と同様とても楽しめました。
今まで、森でただの木や草だったものが作品の材料として使うことができ、新鮮でした。また参加したいと思います。(40代以下、女性)




TOP