お知らせ

「子ども大学はんのう2015」三日目を行いました

2015/08/01

 8月1日(土)午前10時から「子ども大学はんのう2015」(駿河台大学、飯能商工会議所、飯能市教育委員会、埼玉県教育委員会共催)の三日目の講義を行いました。今回は駿河台大学メディア情報学部斎賀和彦教授により「iPadカメラマンになろう!~写真がちょっぴりうまくなる授業~」というプログラムで行いました。

 先生からiPadの写真の撮り方を教えてもらうとグループに分かれ、大学生のお兄さんお姉さんと一緒にキャンパス内に繰り出し、交代で自分の好きなものを被写体として撮影しました。前回とは全く違う天気で、朝から日差しが降り注ぎ、眩しそうに眼を瞬かせながらも、校舎や花、セミの抜け殻など興味のあるものを見つけては、シャッターを切っていました。

 その後教室に戻り、撮った写真の中から今日のベストショットを選び、プリントしてもらいました。

 最後に先生が、同じ被写体でも撮り方でまったく違う写真になるという説明をしながら、見本の写真を見せると、子どもたちは自分で取った写真と見比べ、友達と見せ合っていました。

  20150801tiiki_01.jpg   20150801tiiki_02.jpg
           はじめに今日の約束を確認                    グループに分かれて出発準備

  20150801tiiki_03.jpg   20150801tiiki_04.jpg
          撮っているのはセミの抜け殻?                        何の花かな?

  20150801tiiki_05.jpg   20150801tiiki_06.jpg
      木の根元は暗いので、できるだけ寄って撮る                写真を撮っている友達を撮る

  20150801tiiki_07.jpg   20150801tiiki_08.jpg
        空を撮っているの?それとも雲かな?                  どの写真をプリントしようかな

  20150801tiiki_09.jpg   20150801tiiki_10.jpg
         たくさん撮ったから選ぶのが大変!                今日のベストショットを記念にプリント




TOP