お知らせ

「子ども大学はんのう2015」二日目を行いました

2015/07/18

 7月18日(土)午前10時から「子ども大学はんのう2015」(駿河台大学、飯能商工会議所、飯能市教育委員会、埼玉県教育委員会共催)の二日目の講義を行いました。今回は飯能市エコツーリズム活動市民の会の皆さんにより「里山たんけん隊~天覧山の自然にふれよう!~」というプログラムで行いました。

 中央公園に集合し、五つの班に分かれ、活動市民の会の方が各班のガイドとなり、班ごとに行動しました。ニコニコ池周辺から、天覧山山頂を目指し、歩きながら、きのこやハート形の葉っぱを探したり、顔のように見える木を見つけたり、ガイドの方の話に耳を傾けていました。

 天覧山の山頂で、ムササビの巣穴に双眼鏡を向けてみると、ふわふわしたムササビの毛が覗いていました。子どもたちは「わぁ~、いたいた!」「すごーい」と、歓声を上げていました。

 出発前には降っていなかった雨が、出発と同時に降り出し、雨の中での講義となりましたが、カッパを着て、足元に気を付けながら、子どもたちは元気に最後まで講義を受けていました。

20150718tiiki_01.jpg 20150718tiiki_02.jpg

           雨の中を元気に出発                 見つけたものにはシール貼ってみよう

20150718tiiki_03.jpg 20150718tiiki_04.jpg

        十六羅漢像の話に耳を傾ける                     天覧山山頂へ

20150718tiiki_05.jpg 20150718tiiki_06.jpg

       天覧山山頂からの眺望、天気が残念           このカメラではムササビの毛は撮れません

20150718tiiki_07.jpg 20150718tiiki_08.jpg

        足元に注意しながら進みます                    谷津田の田んぼを見学

20150718tiiki_09.jpg 20150718tiiki_10.jpg

      能仁寺で、見学した物を振り返る                    最後の見学は仁王様




TOP