お知らせ

「子ども大学はんのう2015」が開校しました

2015/07/04

 7月4日(土)10時から「子ども大学はんのう2015」(駿河台大学、飯能商工会議所、飯能市教育委員会、埼玉県教育委員会共催)入学式を行いました。

 子ども大学は、大学や地域の特色を生かして、子どもの知的好奇心を刺激する講義や体験活動を行い、子どもの学ぶ力や生きる力、地域の教育力の向上を目指すものです。 講義内容は、大学の先生や地域の専門家などが学校とは一味違ったテーマを取り上げた内容となっています。

 昨年度から開校した「子ども大学はんのう」ですが、第2回目の今年は、小学4年生から6年生の児童47名が入学し、全5回の講義を受講します。

 初回の今日は、心理学部の永作稔准教授と青山征彦准教授により「こころは目に見えるのか?~心理学への招待状~」というテーマで、目に見えない「こころの動き」を、ゲームを通して実感することを目的に行われ、授業のはじめと終わりで、自分たちの気持ちが変化したことを多くの児童が感じたようでした。

 また、目の錯覚を利用して、人が大きく見えたり小さく見えたりするエイムズの部屋を体験し、モニターに映る大きな自分や小さな友達に驚いたり、笑ったり、大変楽しい時間を過ごしていました。

   20150704tiiki_01.jpg   20150704tiiki_02.jpg
  本池子ども大学はんのう学長(駿河台大学副学長)のあいさつ    大久保飯能市長が来賓としていらっしゃいました

   20150704tiiki_03.jpg   20150704tiiki_04.jpg
     代表のことばで、子ども大学に入学する気持ちを話す              みんなで一緒に記念写真

   20150704tiiki_05.jpg   20150704tiiki_06.jpg
              あどじゃんってなに?                     相手を探してひたすら じゃんけん!

   20150704tiiki_07.jpg   20150704tiiki_08.jpg
            フラフープ上手におろせるかな?                私は木、僕はリス あらしが来たぞ~

   20150704tiiki_09.jpg   20150704tiiki_10.jpg
                私おおきぃ~!                             僕ちいさ~い




TOP