駿大の里山で森林体験学習が行われました15.12.02

 飯能市教育委員会による学習林活用教育推進事業の一環として、地域の中学生・小学生による森林体験学習が、駿河台大学敷地内にある『駿大の里山』にて、以下の日程で行われました。

 当日は「森林文化実習」授業担当者と大学院生補助員のレクチャーを受け、加治東小学校の児童は、2年生が森林散策、3年生が間伐体験を行いました。加治中学校は参加生徒が多かったため、教室で森林について学んだ後、里山を散策しました。加治小学校は1年生の参加だったので、大学の中庭に植えられている木などをグループごとに探す体験をしました。

 参加した小・中学生は、木や草など森林と親しむことを通して、森林の持つ自然的意味、文化的意味を体感しました。

【加治東小学校】 10月27日(火) 2年生:41名、3年生:34名 合計75名
【加治中学校】   11月 4日(水) 1年生:114名
【加治小学校】   11月30日(月) 1年生:85名


【加治東小学校】
20151202tiiki_01.jpg  20151202tiiki_02.jpg

2年生は落ち葉やどんぐり拾い

20151202tiiki_03.jpg  20151202tiiki_04.jpg

3年生はのこぎりを使って間伐体験


【加治中学校】
20151202tiiki_05.jpg  20151202tiiki_06.jpg

まずは、森林についての学習

20151202tiiki_07.jpg  20151202tiiki_08.jpg

その後は、実際に「駿大の里山」を散策


【加治小学校】
20151202tiiki_09.jpg  20151202tiiki_10.jpg

大学の中庭にはいろんな木が植えてあります

20151202tiiki_11.jpg  20151202tiiki_12.jpg

全部見つかったら、お土産にどんぐりとひのきのコースターをプレゼント

ページの先頭へ