就職・公認心理師について

-国家資格「公認心理師」に対する駿大心理学部の対応-

2015年9月の国会で公認心理師法が成立しました。これによって、臨床心理などの対人援助に関係する専門職として活躍するには、国家資格である「公認心理師」の資格が求められる時代がはじまりました。

この資格は、最終的には国家試験を受験して合格することにより得られますが、心理学全般に関する決められた教育を受けていないと国家試験を受けることができません。その受験資格を得るには、まず、大学で基礎心理学から応用心理学までの広い分野を学び、その上で、さらに大学院に進学して専門的な教育訓練と受けることが必要となります。(大学院に進学せずに実務経験を積むことでも受験資格が得られることになっていますが、何の資格もない人に実務経験を積ませてくれる職場が多くあるとは思えません。)

受験資格を得るために、どのような科目の勉強をしなければならないのかはまだ決まっていませんが、2017年3月9日の段階では、A)心理学基礎科目として、心理学研究法(統計を含む)、心理学実験などが、B)心理学発展科目として、知覚・認知心理学、発達心理学、司法心理学(犯罪・非行を含む)、関係行政論などが、C)実習演習科目として、心理演習、心理実習が挙げられています。

駿河台大学心理学部は、この条件に対応可能なカリキュラムを備えています。公認心理師を目指すあるいはこの資格に関心のある人は、心配することなく、本学への進学を検討してください。

本学心理学部は、公認心理師の受験資格を得る上で必要な幅広い心理学教育を行っています。そのことを具体的に示すため、本学心理学部の教員の加入している心理学会等のリストを掲示しておきます。

心理専門職公務員について-心理学部長に聞く-

所属学会リスト

<基礎心理学・一般心理学関係>

日本心理学会、基礎心理学会、行動計量学会、認知心理学会、視覚学会、ARVO(海外の視覚系の学会)、VSS海外の視覚系の学会)

<臨床心理学関係>

心理臨床学会、臨床心理学会、精神神経学会、児童青年医学会、精神病理・精神療法学会、病跡学会、多文化間精神医学会、カウンセリング学会、健康心理学会、学校保健学会、認知療法学会、認知・行動療法学会、精神衛生学会、サイコセラピー学会、自律訓練学会、マインドフルネス学会、交流分析学会、ロールレタリング学会、集団療法学会、国際投映法学会、ロールシャッハ学会、包括システムによるロールシャッハ学会、描画テスト・描画療法学会

<犯罪心理学関係>

犯罪心理学会、法と心理学会、矯正医学会、矯正教育学会、司法福祉学会、更生保護学会、犯罪社会学会、アルコール関連問題学会、刑事政策研究会、少年法研究会

<それ以外の応用心理学関係>

教育心理学会、発達心理学会、社会心理学会、応用心理学会、パーソナリティ心理学会、青年心理学会、子育て学会、キャリア教育学会、キャリアデザイン学会、環境心理学会、人間-環境学会、比較文化学会、社会言語科学会
*日本心理学会以外は、各学会の頭についている「日本」を省略しています。

基礎から応用までの広い範囲の様々な心理学を学ぶことができることを理解していただけると思います。すべての教員が公認心理師資格にチャレンジする学生を全力でサポートします。

駿河台大学心理学部は、公認心理師を目指す学生諸君を大いに歓迎します。

TOP