特徴

        

 遊びを大切にした教育

好奇心、協同性、自己統制、自己主張、がんばる力など、小学校以降の教育の基礎となる力を育てる遊びは、幼児期の子どもにとって大切な学習の場です。身近な環境にかかわり、自分らしさを発揮しながら、友達と一緒にじっくりと遊びを楽しめるよう、十分な時間と空間を保証した教育を行います。

feature_001.png

 友だちと一緒に楽しむ運動遊び

運動は、体の発達だけでなく、がんばる力や協調性、自信など、心も育てます。天気のよい日は、子どもたちの脚を守るためにラバーチップを敷いた園庭に出て、戸外遊びを元気いっぱい楽しみます。専門講師が、発達に合わせたカリキュラムをもとに毎週、体操指導を行い、心も体も丈夫な子どもを育てます。

feature_002.png

 自然や社会に触れる豊かな体験

幼児期には、実体験を通して感じたり、気づいたりすることがとても重要です。園外保育を取り入れ、植物や小動物に触れたり様々な人に出会ったりしながら、映像や本では得られない体験をします。年長児は、2泊3日の箱根合宿に出かけます。自立し、自信を得られる合宿は、子どもを一回り成長させます。

feature_003.png

 駿台グループとの連携

本園は、小学校から大学までの校種豊かな駿台グループの幼稚園です。駿河台大学教授による保護者に向けた「子育て相談会」など、駿台の教育力を幼稚園の教育に生かしています。年長児は、大学を訪問し、大学への憧れを抱き、世界を広げていきます。

feature_004.png

 健康な体をつくる食事

元気で健康な子どもを育てるために、小魚を食べたり、米食のよさやご飯のおいしさを知ってもらうために「おにぎりの日」を設定したりするなど様々な食育を行っています。また、自分たちで育てた野菜を収穫して、調理し、みんなで食べる経験も積みながら食への関心を高めています。ポップコーン屋さんごっこやカレーパーティーなども楽しみます。

feature_005.png

 未来の国際人の育成

これからのグローバル社会を生きぬく力を幼児期から育むことが大切です。年中児・年長児には、ネイティブの講師が歌やリズム遊びを通して楽しく英語に親しめるよう英語指導を行います。伝統行事を教育に取り入れながら、日本のよさや伝統を大切にする気持ちを育て、国際人としての基礎を育てます。

feature_006.png

 豊かな言葉を育む絵本や伝え合い

豊かな語彙や表現力を養っていくために、絵本の貸し出しや読み聞かせを通して言葉の響きやリズム、新しい言葉の表現などに触れるようにしています。また、毎日の生活の中で、友達に経験したことや考えを言葉で伝えたり、遊びや活動を進めていくための話し合いをしたり、年長児は誕生日会での司会をしたりしながら、言葉で伝えることを楽しみ、さらに豊かな言葉や表現の仕方を身につけていけるように指導しています。

feature_007.png

 保護者も楽しい幼稚園

幼稚園教育には、園と家庭が車の両輪のように一緒に子どもを育て、成長を喜び合う関係が大切です。保育や行事、ホームページやICTシステム「コドモン」などを通して教育や子供の姿をお伝えします。PTA活動「いちょう会」に加え、有志による「お父さんと遊ぼう会」を行い、保護者も楽しい幼稚園を目指します。

feature_008.png