メディアセンター

 FMスタジオやメディアラボを有するAVエリア、さらには自習用パソコン140台に加えて多機能パソコンも備えたPCエリアがあるなどメディアセンターは本学自慢の施設です。ところで、その中の図書エリアについては、皆さんはどの程度利用していますか。

20190717gakucyou03.jpg

 私の大学時代をふり返ってみますと、あまり図書館を利用した方ではなかったのですが、それでも卒業論文を書くときに何度か足を運んだ記憶があります。当時の図書館は読みたい本をカードで探し、申込書に請求記号などを書いてカウンターに提出し、書庫から本が届くのを待っているというやり方でした。OPACのような検索機能はもちろんありませんでしたし、私が通っていた大学では、学部学生は書庫の中に入ることができませんでした。それだけに、大学院に入ってはじめて書庫の中に入り、目の前にある貴重な書籍を自由に手に取ってみることができたときの感激は忘れることができません。書庫の中で、新旧の大量の書籍に囲まれると、多くの先人たちの知の営みと直接つながる機会を手に入れたような、何かわくわくとした期待感で満たされたことを覚えています。

20190717gakucyou02.jpg

 本学のメディアセンターにも、大学院生などしか入れない書庫はありますが、図書エリアの多くの書籍は、開架式と言って、学生の皆さんも手に取ってみることができるようになっています。私は今でも、時間の空いた時などぶらりとメディアセンターに行って、所蔵されている本の背表紙などを眺めて時間を過ごすことがあります。それは、自分にとって「心の贅沢」をする大切な時間です。皆さんも、卒業論文やレポートのための文献探しとはまた別に、図書エリアによってみてはいかがでしょうか。少し疲れた時、たまには学内で一人になりたい時、授業と授業の間などに時間を持て余した時などよい気分転換になるかもしれません。 

 なお、本学のメディアセンターは、本学の卒業生、高校生・予備校生の皆さんなども利用することができます。機会があれば、ぜひお立ち寄りください。

20190717gakucyou01.jpg