ニュース&トピックス

夢はF1ドライバー㉑~経済経営学部 坪井翔~

2017/09/01学生生活

 経済経営学部4年の坪井翔さんは、TEAM TOM'Sに所属し、世界で活躍するカーレーサーを目指しています。
 一昨年新設されたFIA F4選手権ではシリーズチャンピオン(初代)を獲得し、昨年から全日本 F3選手権に参戦しています。また、今年からは日本を代表するレース"SUPER GT"300クラスにもLEXUS RCFから参戦しているので、こちらもご注目下さい。
 2017年8月26日(土)~27日(日)に鈴鹿サーキットにて行われた2017年SUPER GTシリーズGT Round6 第46回インターナショナル SUZUKA 1000kmレースのレポートが届きましたので、ご紹介します。

20170901_GT300_RD6_01.jpg
20170901_GT300_RD6_02.jpg

 GT名物の鈴鹿1000㎞レース。そのレースも今年で最後という事で自分にとっては最初で最後の舞台となりました。練習では3番手タイムも出ていて、予選、決勝に向けて手ごたえを感じていました。

Q1

 前大会でQ1敗退したので、何とかクリアしたく、Q1を任せてもらえたので、しっかりとアタックし9番手で通過する事が出来ました。タイヤ的にも状況的にもう少し上は見えていたので、悔しい気持ちもありますが、まずは自分の仕事としてはしっかりQ2に繋げてそこに向けてフィードバックする事だったので良いQ1になりました。

Q2

 フィードバックした上で、中山選手の素晴らしいアタックにより、自分らが与えられた環境の中では最上位で終える事が出来たと思うので、5番手という良いグリッドを手に入れる事が出来ました。

RD6決勝

 5位からスタートし、スタート直後で4番手に上がり予定通り進んでいました。そこからは長い長いスティントを交互に繰り返し、ミスもなく順調でしたが、何故かピットアウトすると抜いたはずの車両が前にいて。3スティント乗った中で毎スティント同じマシンを抜いた状況もありました。レースはコース上だけ速くても前にいけないという事を痛感しました。一時はトップを走る場面もありましたが、最終スティントは9番手。最後まで諦めず、ゴールし最終的には6番でゴールする事が出来ました。

20170901_GT300_RD6_03.jpg

 初めての1000㎞は長く、タフなレースでしたがドライバーもチームも皆がミスなく行った結果なので達成感はありますし、ゴールした瞬間は感謝の気持ちでいっぱいでした。ただ、まだまだ自分達は速くなれるし、強くなれると感じたレースでもあったので、ポイントを取る事だけでなくもっと貪欲に優勝目指して皆で頑張っていきたいと思います。
 GTは次戦、10月7日(土)~8日(日)にタイで行われます。応援をよろしくお願い致します。

20170901_GT300_RD6_04.jpg

TOP