駿河台大学

スポーツ文化学部 スポーツ文化学科(仮称)

※掲載内容については予定であり変更が生じる場合があります。

  • オープンキャンパス
  • 資料請求

学び
LEARNING

好きなことを学んで将来の道を拡げてほしい

スポーツを主な教材とした多様な教育を通じて、現代社会に必要な基礎的能力(「駿大社会人基礎力」)を涵養するとともに、スポーツを人文・社会・自然科学等の視点から教育研究することにより、学校、地域及びスポーツが関連する領域において指導力、企画運営力、問題発見・解決能力等を発揮できる人材を育成します。

特色
FEATURE

  • 学校・高等学校の保健体育科教諭を養成します。
    中学校又は高等学校教諭養成に係る教科・教職科目を修得し、その他教育実習等の必要要件を満たすことにより、教員免許が取得できます。
    ※申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
  • ポーツや健康関連の資格又はその資格取得のための受験資格が得られます。
    第一種衛生管理者、日本スポーツ協会認定・公認スポーツ指導者(スポーツリーダー、コーチ)、健康運動実践指導者、トレーニング指導者、GFI(グループ エクササイズ フィットネス インストラクター)など。
  • ームビルディングに力を入れています。
    自分と違う意見や考え方、目標を持った仲間を認め合い、支え合いながら、集団で課題を克服するプログラムを必修化し、社会に出ても通用する人材を育てます。

設置コース
COURSE

  • スポーツ健康コース

    スポーツの意義と健康に及ぼす効能について理解し、幅広い年齢層の人々や、競技力向上を目指すスポーツ選手に対して、その目的に応じて適切かつ効果的な実践方法を指導できる人材を養成

  • スポーツ教育コース

    文化の中に占めるスポーツの意義を理解し、ポピュラーな種目についての知識や技能を修得し、これらを活用して、教育現場(中学校及び高等学校)や、地域における生涯スポーツ分野で、適切な指導ができる人材を養成

  • 地域スポーツコース

    少子高齢化時代の地方コミュニティにおいて、スポーツの楽しさや有用性を伝えること、及びスポーツを地域の資源として捉え活用することよって、地域の活性化に貢献できる人材を養成

スポーツで培った力
ABILITY

自分と違う意見や考え方、目標を持った仲間を認めあい、支え合いながら、
集団で課題を克服するプログラムを必修化
スポーツで培った高い能力を、社会において発揮し活躍する人材を育成します

チームで乗り越える力

個人の力では到達できない目標も、
チームで団結すれば乗り越えられる

一歩前へ踏み出す勇気

誰もが不安で困難な状況でも、
リーダーシップを発揮し周囲を統率

最後まであきらめない心

心が折れそうになった時にも、
目標を高く掲げて最後まで粘り強くやり抜く

カリキュラム
CURRICULUM

カリキュラム一覧

資格
QUALIFICATION

  • 取得

    取得できる資格

    中学・高等学校教諭(保健体育)
    (申請中)
    第一種衛生管理者
    スポーツリーダー

  • 受験
    資格

    健康運動実践指導者
    JAFA指導者資格
    JATIトレーニング指導者資格
    公認スポーツ指導者資格

    上記の資格取得の際、講習会免除あるいは共通科目コース免除となる予定です。

卒業後の進路
PATHS AFTER GRADUATION

  • 1スポーツ健康コース
    公共スポーツ施設・民間スポーツクラブ・健康増進施設・競技スポーツ団体などの指導者(トレーナー・スポーツインストラクター等)

  • 2スポーツ教育コース
    中学校・高等学校における指導者(保健体育教員)、スポーツ教育関連企業の社員、地域スポーツの指導者

  • 3地域スポーツコース
    地域の政策立案者(公務員)、NPO等の職員、JA等の地域拠点企業の職員、観光産業の従事者、スポーツ施設の運営・管理者

教員紹介
FACULTY INTRODUCTION

  • 教授・学部長(予定者)
    吉野 貴順

    主要担当科目
    スポーツ測定法演習
    研究テーマ
    体力・運動能力とスポーツの競技成績との関係

  • 教授
    秋池 宏美

    主要担当科目
    教育と法、ジェンダー論
    研究テーマ
    子どもの性的人権の研究

  • 教授
    天野 宏司

    主要担当科目
    スポーツ・ツーリズム論、文化資源とスポーツ
    研究テーマ
    歴史地理学、アニメ・ツーリズム

  • 准教授
    飯田 悠佳子

    主要担当科目
    発育・発達とスポーツ、学校保健
    研究テーマ
    発育発達と運動・スポーツの関わり

  • 講師
    鵜海 未祐子

    主要担当科目
    教育制度論、教育と文化
    研究テーマ
    教育政策・制度思想

  • 教授
    大貫 秀明

    主要担当科目
    スポーツ哲学、身体文化論
    研究テーマ
    舞踏空間と力動性(ダイナミックス)

  • 教授
    大森 一伸

    主要担当科目
    運動生理学、トレーニングサイエンス
    研究テーマ
    スポーツ活動中の乳酸の使われ方

  • 教授
    岡田 安芸子

    主要担当科目
    日本の文化と倫理、日本の暮らしと文化
    研究テーマ
    日本倫理思想史

  • 准教授
    久我 晃広

    主要担当科目
    スポーツ・バイオメカニクス、コーチング論
    研究テーマ
    スポーツ動作のバイオメカニクス

  • 教授
    狐塚 賢一郎

    主要担当科目
    生涯学習論、保健体育科教育法Ⅰ
    研究テーマ
    コオーディネーショントレーニングによる運動能力の向上

  • 准教授
    小林 将輝

    主要担当科目
    異文化とスポーツ、ドイツ語
    研究テーマ
    観光学、旅行記、グリム童話

  • 准教授
    小林 奈穂美

    主要担当科目
    フィールドトリップ、スポーツ・ツーリズム論
    研究テーマ
    観光産業における人材育成

  • 講師
    信太 直己

    主要担当科目
    衛生学・公衆衛生学、労働衛生
    研究テーマ
    世代ごとの健康管理

  • 講師
    鈴木 慶子

    主要担当科目
    スポーツ実技Ⅰ(体つくり運動)、チームビルディング
    研究テーマ
    体つくり運動、体育科教育

  • 教授
    時本 識資

    主要担当科目
    スポーツ政策論、スポーツと政治
    研究テーマ
    地域におけるスポーツ振興方策、東南アジアのスポーツ政策

  • 准教授
    長尾 建

    主要担当科目
    日本語表現法、文学
    研究テーマ
    日本の近現代文学

  • 教授
    平井 純子

    主要担当科目
    飯能学、まちづくり実践
    研究テーマ
    観光まちづくり、地域資源活用

  • 講師
    平野 和弘

    主要担当科目
    保健体育科教育法Ⅲ、生徒指導
    研究テーマ
    学校教育と社会教育の接続

  • 講師
    邑木 隆二

    主要担当科目
    スポーツ実技Ⅲ(陸上競技)、スポーツ実践演習A
    研究テーマ
    陸上競技におけるコーチング・トレーニング

  • 講師
    JOEL MATTHEWS

    主要担当科目
    国際社会と日本、欧米の暮らしと文化
    研究テーマ
    日本研究、戦後日本史、社会的マイノリティ

設置認可申請中につき、現時点で本学所属教員のみ掲載

インタビュー
INTERVIEW

駿河台大学、現役在校生、卒業生へインタビュー。

スポーツを体感し科学する。学びの設備・施設も充実。

幼いころからスポーツについて幅広く学びたいと思っていました。通学できる範囲で探したところ、まさに私にピッタリの駿河台大学が。ちょっと運命的な出会いだったと思います。現在の学部ではスポーツを多角的かつ専門的に学んでいます。実際にスポーツをしたり身体を動かしたりする授業は、特に楽しいですね。スポーツ栄養学、スポーツ心理学などの講義も大変面白く、アマチュアや教育現場でのスポーツから本格的なアスリートまで役立つ知識や理論を総合的に学べます。多彩な授業を将来の目標や志望職種にあわせて自由に選べるのも良いところです。

学んだことを活かせる活躍の場、いろいろあります。

学部を選ぶ時には、教員免許、スポーツトレーナーなど資格取得を目指す。ジムや競技用の施設が充実。トップアスリートの先生による直接指導。などがポイントになるでしょう。学びの目的や「なりたい自分」を想定しながら先生に気軽に質問してみるのもいいと思います。将来は「走る」「ひととコミュニケーションを取る」「英語」を活かせる仕事がしたくて、今「人力車」を引く仕事が第一候補なんです。大学で学んだ本格的なトレーニング方法や最新理論やアスリートとしての身体作りの知識と経験を実社会で試してみたいと思っています。

ホッケーへの熱い思い、大学との不思議な縁で入学。

大学進学前は将来像を思い描けず、どんな学部も「それってほんとうにやりたいこと?」と自問自答ばかりしていました。そんなとき、駿河台大学がピンときたんです。実は小学5年生の頃からフィールドホッケーを続けていて、高校時代に駿河台大学の学生さんと練習試合をしたり、監督とも面識がありました。本格的な女子ホッケー部がある大学は他にもありましたが、生まれ育った地元の飯能市なら学びもホッケーもとことん打ち込めるはず。さらに、大好きなスポーツを学べるスポーツ文化コースまであると聞いて「もうこれしかない!」と受験しました。

4年間の成果が、チーム力で仕事を動かす原動力に。

入学後は専門的な学問領域から授業が面白くなりました。マシンにも乗り、今まで無意識に動かしていた筋肉の動きや有酸素運動のメカニズムを究明したり、社会におけるスポーツのあり方、人と競技や運動の関係性など、スポーツを世の中に役立てる多様な可能性について学びました。卒業後は市役所に就職し、今は選挙管理委員会に勤務しています。2017年は市議選、市長選、衆院選と続きましたが、激務を少人数でこなすチーム力や情報共有の大切さなど、大学で学んだ事やホッケーでの経験がものすごく役立っていると思います。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 受験生応援サイト