お知らせ

法務省専門職員に採用されました(その2)

2017/03/09その他

 2016年度の法務省専門職員採用試験(人事院実施)の法務教官分野では、心理学部から2名の合格・採用がありました。

 先日は、一人目として宮崎剣史郎さんを紹介しましたが、今回は、多摩少年院での採用が決まった福田将さん(2017年3月卒業予定)を紹介します。福田さんは、私立日体荏原高等学校/現・私立日本体育大学荏原高等学校(東京都)出身で、大学では剣道部に所属し、副主将も務めていました。以下は、福田さんのメッセージです。


20170309sinri_01.jpg 「私は、大学1年生の時のFA(クラス担任)であった法務省出身の先生から法務教官という仕事を教えてもらい、法務教官を目指し始めました。最初はどういった仕事なのか理解していなかったのですが、仕事内容を調べていくうちに興味を持ちました。

 また、剣道部の先輩で、大学院(臨床心理学専攻)修了後に法務教官として採用された先輩がいたので、その先輩からもお話を伺い、仕事のイメージを具体的に持つことができました。

 心理学部には法務省出身の先生が2人もいらっしゃるので、大学2年生になる前には、どういった勉強をすれば良いかアドバイスをいただき、それに沿って勉強を進めてきました。勉強方法としては、毎日1ページずつ専門試験用の参考書をやっていきました。また一般教養については、公務員講座を受講して勉強をしていきました。さらに、先生の研究室で行われていた勉強会や面接対策にも参加しました。先生方のご指導のおかげもあり合格することができたと思っています。

 来年度から法務教官として多摩少年院で勤務することになりますが、まだまだ未熟な部分も多いのでこれからも精進していきたいです。


 早くから着実に準備をしてきたことが成果につながったのではないでしょうか。福田さんの今後の活躍に期待したいと思います。

TOP