トピックス

9月23日(土)のオープンキャンパス『模擬授業』予告編!

17.08.29

9月23日(土)に行われるオープンキャパス『模擬授業』の内容をお知らせします。

オープンキャンパスの集合時間は13時です。

事前申し込みは不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

法学部

「呪い」は罪に問われるの?藁人形からデスノートまで[刑法]

担当:竹内 健互 准教授

 名前を書くだけで人を殺せるノートがあれば、そのノートを使いますか。

 そう、『デスノート』です。もちろん、『デスノート』はフィクションですが、今でも実際、「呪い」は身近なところに見られます。ネットでは「呪いグッズ」が売られ、「呪い代行業者」も存在するようです。

 最も身近な「呪い」は、「藁人形」でしょう。「丑の刻参り」は、古くから知られた「呪い殺し」の儀式ですね。

 それでは、もし嫌いな相手を「呪い」を使って殺そうとしたら、罪に問われるのでしょうか。あるいは、釘の刺さった「藁人形」を見せつけて恐怖を感じさせた人は、処罰されるのでしょうか。「呪い」なんて非科学的だから信じない。そんな人も、模擬授業で「呪いと犯罪」の関係について一緒に考えてみましょう。

経済経営学部

マネーとは何か?〜昔は石がお金だった?!〜

担当:湯浅 由一 教授

 我々の日々の生活において「貨幣すなわちマネー」が重要であることは言うまでもないでしょう。ところで、このマネーとは何かを正確に説明することはそう簡単ではありません。たとえば、日本人が大好きな食べ物である「ラーメン」とはどんな食べ物かという質問に正確に答えられますか? スープは? 麺のタイプは? トッピングは? トマトとチーズが入ったタイプははたしてラーメンと言えるでしょうか?
 
 模擬授業ではマネーの正体についてお話します。さらに日本の企業の売上金額・利益の大きさについて説明します。

メディア情報学部

スマートフォンでドローンを操縦してみよう[デジタルデザイン体験]

担当:本池 巧 教授

 スマートフォンは、動画再生、検索、友達との連絡など、日ごろデジタル情報を利用するデバイスとしてかかせないものになっています。
 
 このように普及したスマートフォンですが、身の回りの状況をしらべたり、機器の操作をしたりすることはとても苦手です。ちょっと暑いなと思って、スマートフォンで部屋の温度をみて、エアコンのスイッチを入れることは一般的には普及してません。
 
 スマートフォンは、身近な情報や機器をより簡単に扱えるように、日々、進化しています。この授業では、手のひらサイズの小型ドローンを操縦するアプリを、実際に制作を体験しながら、スマートフォンの新しい活用方法について考えてみたいと思います。

0923_medeia.jpg

 仕事で使われる記録はどのように整理されるのか~記録情報学入門~[図書館・アーカイブズ体験]

担当:村越 一哲 教授

 模擬授業のタイトルにある「記録情報」という言葉は聞き慣れないものかもしれません。しかし、みなさんの身近にたくさん存在しています。

 たとえば、ソーシャル・ネットワーキング・サービスによるコミュニケーションの結果(テキスト)やコンビニで商品を買ったときに受け取るレシートなども記録情報です。
 
 記録情報とは、ハードディスクなどのデジタル・メディアや紙などのアナログ・メディアを「うつわ」にした文字や記号(情報)のことです。模擬授業では、仕事のなかで膨大に生み出される記録情報の整理の仕方を楽しみながら学びます。

 情報を整理することに関心のある人はぜひ参加してください。新たな発見がきっとあるはずです。

現代文化学部

なぜ主人公たちは旅立つのか? ―マンガに現れる過去の旅のイメージ― [旅の文化と表象]

担当:小林 将輝 准教授

 マンガの主人公たちは、様々な理由で旅をします。『ワンピース』の主人公は、海賊王になるという理由で大海原へ漕ぎ出し、『ベルセルク』の主人公は、運命に翻弄されながらも、それに立ち向かい旅を続けます。

 冒険を求め、人間の運命にあらがう...彼らが旅立つ理由は、人間がその始原より行ってきた過去の旅のイメージと重なります。かつて人間はそうした理由で旅をしてきました。そして、それを文学作品などに表現してきたのです。つまり、人が旅立ち、旅をするということは、古い文学的テーマであると言えます。

 この講義では、マンガなどの「旅をする主人公」たちに注目し、そこに古い旅のイメージがどのように響いているのかを見ていきます。

心理学部

こころの見方・見え方ふしぎな働き~認知心理学入門~

担当:村越 琢磨 講師

 わたしたちは目を通して世界を見ています。しかしながら、わたしたちが見る世界は、外界の物理的な特徴とは一致しないことがあります。これはこころの働きによって、何をどのように見るかが変わることがあるからです。このような外界の認知過程を調べる心理学が認知心理学です。
 
 この模擬授業では認知心理学の研究法や現象を通して、わたしたちが外界を認知する際のこころの働きについて紹介します。このようなこころの働きを知ることで、わたしたちが普段気付かないこころの不思議について考えます。


  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP