心理学部

心理学部

心理という糸口から社会問題の解決策を探る

求める人物像

心理学部では豊かで健康的な社会を実現するために、さまざまな精神的健康上の問題、犯罪・非行といった社会病理的な問題、親子関係などの子どもの発達上の問題を理解し、対応できる人材の育成、さらには一般企業・行政などで活躍できる人材の育成を目指しています。そのため、心理学部では人間行動・心理のみならず、現実社会での諸問題に関心を持ち、能動的にかかわる意志を持っている学生を求めています。

駿大心理学部で学ぶと、将来のこんな「あなた」につながる

【臨床の心理コース】
  • 国家資格公認心理師(予定)
  • 臨床心理士(大学院進学後)
  • カウンセラー
  • 法務教官
  • 公務員(一般職) など
【犯罪の心理コース】
  • 国家資格公認心理師(予定)
  • 警察官
  • 法務教官
  • 法務技官(心理)
  • 公務員(一般職)
  • 一般企業 など
【子どもの心理コース】
  • 国家資格公認心理師(予定)
  • 臨床心理士(大学院進学後)
  • 児童心理士
  • カウンセラー
  • 子どもビジネス(一般企業) など

心理学部の特色

国家資格「公認心理師」資格取得を目指す!

社会がめまぐるしく変化し、ストレスの時代と言われています。心理学は人間を多角的に、より科学的に理解し、人間が幸せになるように考えようとする学問です。まさに現代社会から、あるいは人々から心理学が求められるのです。その時代の要請を受け、ものごとを心理学的な視点から見る能力をしっかり身につけ、多方面に活躍できるように学ぶことができます。

心理学部の特色

特色1

時代の要請に応じて、新コースを開設

・「犯罪の心理コース」「子どもの心理コース」を開設。
・心理学を必要としている現場を重視。
・子どもから大人までの幅広い視点。

特色2

社会の需要が増した臨床の心理コース

・「臨床の心理コース」の充実。
・国家資格「公認心理師」取得に対応。
・第Ⅰ種指定大学院の認定を受け、臨床心理士取得可能。

特色3

幅広い学び

・基礎から応用までの多様な心理学。
・総合的な人間理解のための幅広い視野
・バランスの取れた人間教育。

コース紹介

臨床の心理コース

新しい国家資格「公認心理師」取得に対応

2017年度にスタートする予定の国家資格「公認心理師」取得に対応したカリキュラムです。本学大学院のカリキュラムも公認心理師資格取得に対応します。大学院は、臨床心理士の第1種指定大学院に認定されており、教育・訓練施設である心理カウンセリングセンターも設置されています。病院の臨床心理士をはじめ、スクールカウンセラー、精神科医、少年鑑別所技官など多様な実務経験をもつスタッフがそろっています。カウンセリングの技法や心理検査について、少人数で、体験的に学べます。大人だけでなく、子どもや青少年をめぐる問題解決に関わる人材の育成を目指します。

どのような科目があるの?

知能や性格を測定する心理検査の歴史や使い方を学ぶ「臨床心理検査演習」、カウンセリングの聴く姿勢をロールプレイを通して体験学習する「臨床心理演習」、人の発達に関しての理論や不適応に関して学ぶ「発達臨床」など

関口 大介

岡田 早紀さん

心理学部 3年

Message

臨床心理士という資格を取得するために、このコースを選択しました。心理学が好きだということもありますが、特に医療の現場で使われる心理学に興味がありました。面接演習や遊戯療法といった講義は、高校のような座学にとどまらず、実際に周囲の人や個人で体 験することができます。専門的な知識は新しい視点の発見にも繋がります。

3年次の時間割(例)

犯罪の心理コース

日本で数少ない犯罪心理学の専門コース

犯罪心理学を専門とするスタッフが充実しています。・凶悪犯罪、少年非行、薬物依存、DV、プロファイリング、ポリグラフ検査(嘘発見器)、目撃証言、更生の支援など、さまざまな分野の知識を学べます。 少人数のゼミナールでそれぞれが関心を持った分野を深く学ぶことが可能です。 大学院にも犯罪心理学を中心とした専攻が設置されています。法務省専門職員試験の合格者も輩出しています。 児童虐待など、他のコースと重なる分野についても学べます。 安全・安心な社会の実現に貢献できる人材の育成を目指します。

どのような科目があるの?

社会やメディアなどが、人間の心理にどのように影響しているか、社会生活を送る上で重要な他者との相互作用についてどう考えるかを学ぶ「認知心理学」「社会心理学」、自己や他者について理解するとはどのようなことなのかを考える「パーソナリティ心理学」など

仲田 美由樹

福田 将さん

心理学部 3年

Message

私は法務教官や警察官を目指しており、犯罪心理学を深く学べるこのコースを選択しました。犯罪や非行に関する授業を中心に履修していますが、犯罪心理学といっても、その範囲はとても広く、さまざまな分野について学ばなければならないという思いで勉強に取り組んでいます。また、公務員を受験する上で必要な法律関係の知識を身につけるために、空き時間には、先生の許可をいただいた上で、法学部の授業も聴講しています。

3年次の時間割(例)

子どもの心理コース

子どもの発達への支援と教育を学ぶ

2017年度に新たにスタートするコースです。 大学院のカリキュラムも公認心理師資格取得に対応します。 地域の子育て支援活動などの体験を重視し、子どもの発達に合わせた支援や教育への理解を深めていきます。 子どもの健やかな成長を促し、支援できる社会人・家庭人・専門家の育成を目指します。 あわせて臨床心理学や犯罪心理学を学習して、いじめ、不登校、非行、虐待などの問題を深く学ぶことができます。 本学大学院に進学すれば、子どもの教育や発達に関連した問題や子どもの犯罪に関わる問題をさらに深く研究することができます。


  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP