メディア情報学部

メディア情報学部

クリエイティビティの本質を学ぶ

求める人物像

情報の生産から最終的なアーカイブ化に至るまでの過程を、各種実務に応用できる柔軟かつ積極的な 能力を獲得することが望まれる。そのためにノウハウ(技術)のみならず、ノウホワイ(理論)について、常に 地域における自己の位置から考える姿勢を持つことが大切である。

駿大メディア情報学部で学ぶと、将来のこんな「あなた」につながる

【映像・音響メディアコース】
  • テレビ局
  • ラジオ局
  • 番組制作会社
  • アナウンサー
  • 音響デザイナー
  • 出版社
  • 自治体
  • 一般企業
【デジタルデザインコース】
  • コンピューター・情報検索・広告宣伝・ウェブデザイ ン関連企業
  • 自治体
  • 一般企業
  • 学校(情報教諭)
【図書館・アーカイブズコース】
  • 図書館司書
  • 美術館・博物館学芸員
  • 学校(司書教諭)
  • 検索システム・データベース開発関連企業
  • 自治体
  • 一般企業

メディア情報学部の特色

メディアの理解と情報力で明日の社会を切り拓く

デジタル技術の発展により、情報を創り出すことが比較的容易になり、いつでもどこでも携帯電話などで利用できるようになりました。求められる情報を必要なときに創り出し、探しやすく整理し、使いやすく見せられる人材が社会のいたるところで必要になっています。メディア情報学部では、最新の技術とメディアを使いこなして情報を創造し活用するための知識とスキルが学べます。

メディア情報学部の特色

特色1

「情報資源」という考え方

「情報資源」から必要な「情報」を創造(抽出)するという考え方に基づいて、専門教育では写 真、グラフィックス、動画などの映像情報、音楽や環境音などの音響情報、図書館の本や雑誌、企業の記録、文書館の記録史料(アーカイブズ)などの記録情報、博物館の展示品というモノ情報を扱います。

特色2

3つのコースで情報社会のどんな変化にも対応

さまざまな「情報」を扱う3コースでは、各専門分野とともに、他コースの関連科目も学べます。たと えば映像・音響メディアコースで映像を制作していても、他コースの科目でネットワークによる制作物の配信や、制作後の管理・保存方法を学べます。制作、流通から保存、再利用までを総合的に扱う視点を持てることがメディア情報学部の大きな魅力です。

特色3

1年生からゼミナール

1年次のオリエンテーションゼミナール、2年次のプレゼミナールでは少人数クラスで学生一人ひ とりに目を配った教育を実践しています。オリエンテーションゼミナールでは大学生としての基礎を学び、さらに、各コースの実習を体験してメディア情報学部で学ぶ幅広い内容に興味を抱かせます。プレゼミナールは3・4年次のゼミナールを体験する、専門的な勉強をしていく前の入門的なゼミナールです。

コース紹介

映像・音響メディアコース

コンテンツ制作からマスメディアの知識まで学びます

CM、メッセージ映像、ミュージックビデオ、ドラマ、ドキュメンタリーなどの制作過程を体験しながら、映像・音響を使った表現の知識と技術を学びます。また、マスメディアやジャーナリズムに関する専門的な知識も学びます。メディアを通して情報を総合的に判断する力、共同作業を通して企画から演出まで行って情報を効果的に表現・発信できる実践力など、メディア業界や広告業界、コンテンツ産業だけでなく、さまざまな場面で役立 つ能力を身につけることができます。

どのような科目があるの?

映像制作の技術と実践を学ぶ「映像制作技術論」・「映像制作演習」、ジャーナリズムについて考える「ジャーナリズム論」など

山田 野の木

山田 野の木さん

メディア情報学部 2年

Message

このコースでは2年次は講義が中心で、3年次から実習も多く選択できるようになります。必要な知識を得た上で実習を行うことができるので内容も理解しやすく、多くの視点から考え、取り組めるところが特徴です。また、私は司書課程科目の講義も受講しています。コースと違う科目も多くありますが意外なところで関連していて面白く、無理なく資格取得もできます。

2年次の時間割(例)

デジタルデザインコース

情報技術と表現力を学び、情報を人の感性に繋げます

ウェブデザインやグラフィックデザイン、アニメーション制作などとともに、それらを支えるコンピュータのシステムやセキュリティ、ネットワーク構築なども学べます。多様な職能に結びつく基礎力と専門分野での応用力を培う授業を設けていますので、専門家を目指すことも、さまざまな職場でウェブや印刷物を活用した企画のプレゼンテーションや制作、さらにコンピュータに関する管理、運用に役立つ知識を身につけることもできます。

どのような科目があるの?

ウェブの技術を学び実習する「ウェブ制作論」・「ウェブ制作実習」、イラストレーション制作を学ぶ「グラフィックデザイン演習」など

田嶋 良亮

田嶋 良亮さん

メディア情報学部 3年

Message

デジタルデザインコースでは、グラフィックデザインや画像処理、ネットワーク、さらに情報技術やプログラミングなどが学べます。また、これらの技術や理論を学ぶことによって、さまざまな情報を収集・整理して自分の言葉で表現し、相手にわかりやすく効果的に発信するための表現力も身につけることができます。

2年次の時間割(例)

図書館・アーカイブズコース

情報や知識を収集・整理し、伝達する能力を磨きます

さまざまな情報をすばやく収集するための検索方法に始まり、情報を整理する技術をもとに、一般企業とともに図書館や博物館、情報センター、文書館で働くための知識と実務を学びます。また、記録管理やアーカイブズ理論や実務についても学びます。司書や学芸員の資格を取得して専門家を目指すこともできますが、一般企業で報告書をまとめたりプレゼンテーションを行うなど広く社会で活かせる情報管理能力や情報伝達能力 を身につけることもできます。

どのような科目があるの?

図書館情報学の理論と実際を学ぶ「図書館情報学」、博物館の展示手法を学ぶ「博物館展示論」、アーカイブズの基礎を学ぶ「アーカイブズ学」など

田中 奈緒美

田中 奈緒美さん

メディア情報学部 3年

Message

このコースには主に司書・学芸員・記録管理者などを目指している人が所属しています。私は司書資格取得を目標に学んでいますが、行政や企業の記録管理についても興味を持ち関連する検定を受験し合格しました。資格取得に関わる授業もあるため覚えなくてはならないことが多く大変な時もあります。しかし将来役に立つ講義ばかりなので楽しく頑張れます。

2年次の時間割(例)

  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP