法学部

法学部

人生に役立つ「武器」になる

求める人物像

法学部では「法学士力」を養います。これは良質の情報を選り分け、内容をよく吟味し、自分の意見をまとめて相手に伝える「コミュニケーション能力」と、専門知識を土台にして論理的に考え、具体的な問題を解決し、さらに他の問題に応用できる「適正な法感覚」から構成されます。このような教育に関心のある学生を求めています。

駿大法学部で学ぶと、将来のこんな「あなた」につながる

【ビジネス資格コース】
  • 一般企業の企画・営業・販売
  • NPO・NGO
  • 各種団体
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士
  • 消費生活アドバイザー など
【警察・消防コース】
  • 警察官
  • 消防官
  • 自衛官
  • 法務教官
  • 刑務官 など
【法職・公務員コース】
  • 行政職公務員(市町村職員)
  • 裁判所裁判官
  • 警察事務
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 法科大学院進学 など

法学部の特色

法律の知識を生かして社会に貢献する人材を育成します

法律を学ぶということは、ルールに従って紛争を解決し、それを未然に防止する知識や方法を身につけることです。法学部は必ずしも法律の専門家を育てることを目標にしていません。皆さんには、将来さまざまな分野で活動し、社会の人々に貢献するために、多くの知識を学び、ものの見方や考え方を身につけてほしいと願っています。各種資格の取得も大きな励みになります。

法学部の特色

特色1

希望する進路に即したコース設定

法学部は学生の希望する進路に応じて3つのコースを用意しています。法律の知識を活用して社会のさまざまな分野で活躍したい人のための「ビジネス資格コース」。警察官や消防官を目指す人のための「警察・消防コース」。法律系の資格取得を目指したり、法科大学院に進学したり、行政職公務員になりたい人のための「法職・公務員コース」。それぞれのコースで将来の進路に関わる科目を履修して、夢の実現に向けて努力してください。

特色2

基礎から応用まで役立つ科目配置

法学部では、1年次に憲法、民法、刑法、行政法、商法などの概論科目で、さまざまな法律を基礎からじっくり学ぶことができます。2年次以降は、これらの科目についてさらに知識を深めるとともに、各コースに分かれて希望する進路に直結した専門科目を履修していきます。視野を広めるための教養系科目や、教員を目指す人のための教職系科目も充実しています。就職対策演習を受講して、就職試験への準備もしっかりしましょう。

特色3

愛情教育に根ざした少人数制ゼミ

法学部では4年間を通じて10人前後のゼミナールを用意しています。1年次の基礎演習では大学教育に必要なさまざまなスキルを身につけます。2年次には展開演習で教員の専門とする分野について学ぶか、選択演習で希望する進路につながる知識を習得するかを選ぶことができます。3・4年次は全教員が担当する発展演習で、それぞれの分野について知識を深め、ものの見方や考え方を習得します。楽しく真剣に勉強しましょう。

コース紹介

ビジネス資格コース

使える資格を取ってキャリアアップにつなげよう

法律系の資格を取得すること、公務員や警察官・消防官になることを目指さなければ、法学部に入学する意味はないと考える人もいるかもしれません。しかし合格率が高く、努力すれば在学中に取得できる、宅地建物取引主任者資格試験やビジネス実務法務検定のような、民間企業から評価される資格もあります。ビジネス資格コースは、このような資格取得を目標にして、消費者法や知的財産法など、ビジネスの最前線で求められる法律のほか、経営学や経済学など企業で役立つ経済系の科目も受講できます。

どのような科目があるの?

ビジネスに役立つ法律として「契約法」や「商法」、「会社法」、「知的財産法」のほか、企業経営に必要な知識として「経営学総論」や「会計学総論」、「原価計算論」など

天沼 梓

両川 美穂さん

法学部 2年

Message

ビジネス資格コースでは、さまざまな資格を取得するのに必要な知識を学習し、資格取得をサポートしてもらえます。また、資格の取得に加えて、将来就職してからも役立つ法律の知識を同時に身につけることができます。一般企業で働くには、さまざまな法律が関わってきますから、その法律についての知識をこのコースで身につけ、将来に役立てることができると思います。

3年次の時間割(例)

警察・消防コース

文武両道で警察官・消防官を目指そう!

社会のために尽くしたい、人を助けたい。この熱い思いを仕事にできるのが、市民の安全と安心を守る警察官や消防官です。このコースでは、警察官や消防官になるために不可欠な科目、実際に職についてから役立つ科目を多数配置し、警察官や消防官になりたいという学生の希望を支援します。被害者学や犯罪心理学をはじめとする刑事法関連科目、また行政法などを学ぶことで、法と正義をより深く理解し、それを実現しようとする正義感・使命感をもった警察官・消防官になれることでしょう。

どのような科目があるの?

基本となる「刑法」や「刑事訴訟法」、「刑事政策」、社会の仕組みを学ぶ「憲法」や「行政法」、市民を守る「少年法」や「消費者法」、試験対策の「警察と法」や「消防と法」

野口 美帆

別府 奈々さん

法学部 2年

Message

警察・消防コースでは、警察官や消防官になるために必要なスキルを身につけることができます。ゼミでは、毎回、教養試験のテストがあり、順位も発表されるため、良い刺激になります。飯能警察署と連携した防犯リーダーや飯能消防団の活動を通じて、警察・消防 活動にたずさわる貴重な経験もできます。警察官や消防官になるために、法学部で一緒に学んでみませんか。

2年次の時間割(例)

法職・公務員コース

法律をしっかり学んで法律系専門職や公務員を目指そう

法学部で学んだ法律の知識を生かして社会の役に立ちたい。そんな希望を持つ人の進路として、県庁や市町村の役所に勤務する、司法書士や行政書士など法律系専門職の資格を取得する、法科大学院に進学して弁護士を目指す、などがあげられます。法職・公務員コースは、これらの進路に不可欠な、憲法、民法、刑法をはじめとする基本的な法律科目を中心に学ぶコースです。また、法律専門科目以外にも「公務員への道」や「法科大学院適性試験演習」など、進路に直結した試験対策科目も受講できます。

どのような科目があるの?

まずは「憲法」や「民法」、「刑法」などを幅広く学び、行政に関わる「行政法総論」や「行政手続と行政争訟」、試験対策の「公務員への道」や「法科大学院適性試験演習」

益山 雄次

樋口 護さん

法学部 2年

Message

このコースでは、法科大学院進学を考えている学生が、日々学習しています。その内容は、宅地建物取引士(宅建)や行政書士試験の選択式問題に解答し、法科大学院の入学試験問題などの論述式問題の答案を作成することにより、記述式答案に対応できる力を身につ けるというものです。法職だけにかかわらず、ふだんの生活や資格試験対策などさまざまな場面に役立ちます。

2年次の時間割(例)

  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP