経済経営学部

経済経営学部

社会で生き抜いていける力を備えた人材の育成

求める人物像

経済経営学部が求める学生は、世界が直面している経済問題を多面的にとらえ、社会のさまざまな出来事に興味を持てる学生である。高等学校において基礎的な学力を身につけた上で、社会に関心を持ち、社会科学を学ぶ意欲のある学生を期待する。

駿大経済経営学部で学ぶと、将来のこんな「あなた」につながる

【経済と社会コース】
  • メーカー
  • 商社
  • 流通業
  • 公務員
  • 教員
  • 銀行
  • 証券会社
  • NPO
  • NGO
  • サービス業 など
【経営と会計コース】
  • 証券会社
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 国税専門官
  • 生損保会社
  • 証券アナリスト
  • ファイナンシャル・プランナー
  • ベンチャー企業
  • ITサービス業
  • 起業家
  • 銀行 など
【観光&国際ビジネスコース】
  • 企業の国際営業担当者
  • 現地法人・合併企業の営業・企画担当者
  • ホテルの営業・企画・ブライダル担当者
  • 旅行会社の営業・マーケティング担当者

経済経営学部の特色

社会で生き抜いていける力を備えた人材の育成

大人として社会で生きていくためには、何かしらの「仕事」をしなければなりません。経済学の知識を学ぶことは、仕事を取り巻くさまざまな環境を理解するために必要なことです。ほとんどの仕事は、一人ではできません。多くの人は会社やさまざまな団体で働きます。経営学は、複数の人間で組織を作って仕事をするときに必要な知識を学びます。

経済経営学部の特色

特色1

充実した初年次教育

経済経営学部のすべての1年生は、プロゼミナールという少人数のクラスで行う授業を受けることになります。そこでは、学部独自のテキストを使用して、文章を読む、書く、話しを聴く、人前で話すなどの力を養います。また、ゼミを担当する教員は、4年間の大学生活を送る上での大切な情報を提供するとともに、学生の悩みや相談にも応じます。プロゼミナールで学ぶことは、すべての科目の基礎となります。

特色2

経済学と経営学の両方を学ぶ

本学部では、1年次から2年次にかけて必ず経済学と経営学の基礎を学習することになっています。多くの大学ではこの2つは別の学部や学科として教えられていますが、実際には両者は密接な関連を持っていて、それぞれの分野についての理解を深めなければ正しく問題に対処できないことがたくさんあります。経済学や経営学という枠組みを超えた総合的な学習を可能とする科目配置が行われています。

特色3

徹底したキャリア支援

学生の皆さんがしっかりと社会へと巣立っていけるように、経済経営学部ならではの社会とのつながりの濃い、実践力をつける授業や演習に取り組んでいます。プロジェクト型授業やボランティア活動など、就職力を高める取り組みがたくさん用意されています。また、ゼミ担当教員と就職関連の職員が密に連携をとりながら、スムーズに就職活動に取り組めるように、個別に丁寧な指導をしています。その成果は、就職活動の現場で着実に表れています。

コース紹介

経済と社会コース

現代社会の課題とその対策を学びます

現代は、グローバル経済のもと、地球規模の環境変動、エネルギー危機、福祉財源の問題などの課題を抱えています。こうした課題を解決するためには国家や自治体だけではなく、企業や地域も行動を起こさなければなりません。本コースでは経済学を手がかりにして、経済問題や社会の状況を適切に分析する技術や知識・歴史を習得して課題の本質を理解し、解決策を評価できる積極的な人材を養成します。

どのような科目があるの?

経済学の基礎を学ぶ「経済学の基礎(マクロ編・ミクロ編)」、グローバル化する世界の動きを学ぶ「国際経済学Ⅰ・Ⅱ」、地球温暖化の対策を考える「環境経済学Ⅰ・Ⅱ」など

上地 駿

上地 駿さん

経済経営学部 4年

Message

経済と社会コースでは、経済学を基礎として今の現代社会が抱える多くの課題に対し、自分で考え、答えを導きだすことができます。環境問題やエネルギーなど自然と関わる社会問題にも積極的にアプローチするとともに、金融や福祉などの身近な問題も学ぶことができ、自分の興味のある分野を見極められると同時に、多くの分野に触れることができると思います。

3年次の時間割(例)

経営と会計コース

企業について運営・成長の方法を学び、企業活動とお金の流れを分析する

経営学の知識を修得すると、流通・製造・サービス業など企業、役所など非営利組織での問題解決力が向上します。経営の歴史や人的資源の管理方法を学べば、変化の激しいビジネスに対応できる実践力が養えます。マーケティングによる市場ニーズの把握手法や販売戦略の立案方法を学べば、ビジネス社会を生き抜く力が身につきます。会計は企業を映し出す鏡です。財務諸表によって、その企業の資産や負債を知ることができます。経営や会計の資格にも挑戦できます。

どのような科目があるの?

売れる理由を考える「マーケティング論Ⅰ・Ⅱ」、どの市場で何を売るかを検討する「経営戦略論Ⅰ・Ⅱ」、企業の財務を判断するために必要な「会計学総論Ⅰ・Ⅱ」など

上條 莉穂

上條 莉穂さん

経済経営学部 4年

Message

経営戦略やマーケティングを学ぶことにより、企業の取り組みが私たちにどのような影響を与えるのかなど、市場の仕組みを理解することができます。また、会計学では企業がどのように予算を立てているのかを理解できるので、企業のなかでビジネスプランを立案し、中心的なスタッフとして活躍することができます。

3年次の時間割(例)

観光& 国際ビジネスコース

グローバル化に適応できる知識、能力、仕事に取り組む姿勢を身につける

このコースの狙いは、経営学、経済学の両分野を基盤として「観光ビジネス」あるいは「国際ビジネス」の領域を深く学び、それらの業界で活躍できる人材の育成です。1年次には経営学、経済学の基礎とともに、実務に根ざした入門的講義を、2年次には課題解決型学習で企画力を育む「ケーススタディ」を学びます。「観光ビジネスを中心に学ぶプログラム」と「国際ビジネスを中心に学ぶプログラム」とを設置し、学生の関心に沿い、希望する業界・企業への就職を支援する履修モデルを提供します。

どのような科目があるの?

横浜赤レンガ創業社長の「観光ビジネスケーススタディ」、ホテル実務のプロの「ホテルビジネス入門」、アジアの食品ビジネスをよく知る教員の「国際ビジネス入門」など

東岡 勇樹

東岡 勇樹さん

経済経営学部 2年

Message

このコースでは「赤レンガ倉庫創業者の村澤先生」の講義を受けるという貴重な体験ができます。社長になる前のビール会社での経験など、実体験だからこその面白さが多く楽しい時間です。社長として「自分の信念や哲学に一貫したものを持つ」など、社長の価値観や考えを知り、自分の世界が広がります。来年の講義も必ず出席したいと思うほどです。

2年次の時間割(例)

  • フロムページ
  • 夢ナビ
  • 駿河台大学 facebook
  • 駿河台大学 twitter
  • 駿河台大学 YouTube
  • 高校教員の方へ
  • デジタルパンフレット

PAGETOP