ハラスメントに対する取り組み

あなたがもしもハラスメントで悩んでいるなら

本学では、ハラスメントの発生を防ぎ、その行為を防止することにより、本学で修学、課外活動、教育、研究、就労に関わる構成員全ての基本的人権を尊重し、安全で快適な教育・研究環境及び就労環境の提供を心がけます。

そのために、本学は、具体的かつ必要な配慮(事前の防止及び被害にあった者への保護・救済への取り組み)を講じるため、駿河台大学ハラスメントの防止と解決に関する規程を設け、それに基づき「駿河台大学ハラスメント・ガイドライン」を定めています。

ハラスメントとは?

ハラスメント(嫌がらせ・人権侵害)とは、言葉や行動で人の心身を傷つけることです。ハラスメント行為は、駿河台大学の学生・教職員が安全で適切な環境の下で勉学・研究・就労することを阻害する行為です。
駿河台大学では、このような行為を許しません。

ハラスメント事例

セクシュアル・ハラスメント

相手を不快にさせる性的な言動をいいます。相手の意に反して、相手の望まない性的な言動を行い、相手に修学又は就労上の不利益を与えること、また、そのような言動により修学又は就労上の環境を悪化させることをいいます。

(1)性的な内容の発言など

  • 相手が望まない性的な冗談を言ったり、性的なことを話題にしたりする。
  • スリーサイズや年齢をしつこく聞いたり、身体的特徴を話題にする。
  • 「AさんとBさんは怪しい」、「Cさんは異性関係にだらしない」などの噂を流したりする。
  • 同性愛や性同一性障害などのLGBT(性的マイノリティ)に対して差別的な表現を使う。

(2)性的な内容の行動など

  • 合宿やコンパなどで、お酌を要求したり、隣に座ることを強要したりする。
  • 人前で性的な画像や文書を掲示したりして不愉快な環境をつくる。
  • 相手に不必要に接近したり、身体に触れたりする。
  • つきあってくれと強引に誘い、拒否されると嫌がらせをしたり悪口を言ったりする。

アカデミック・ハラスメント

研究・教育の場において、優越的な立場にある人が、その立場を利用して逆らえない立場にいる人に対して客観的に見て正当性のない嫌がらせを行うことをいいます。

(1)学習・卒業・進級を妨害すること

  • 試験の点数やシラバスに示した基準など、明示できる理由がないのに単位を与えない。
  • 卒論や修士論文の提出条件を満たしているにもかかわらず、提出をゆるさない。

(2)選択権を侵害すること

  • 就職や進学について自分の考えを押し付け、それに従わない学生にはサポートをしない。
  • 指導教官を変更したいと申し出た学生に、自分の指導が気に入らないなら退学しろなどと発言する。

(3)指導義務の放棄、指導上の差別をすること

  • 特定の学生を優遇したり逆に無視したり、偏った成績評価をしたりする。
  • 論文などの指導やアドバイスをしなかったり、逆に能力を無視した過度な要求をしたりする。

(4)精神的虐待をすること

  • 相手の研究能力や研究業績を否定したり、研究上必要なアドバイスやサポートを与えない。
  • 「お前はバカだ」などと侮辱したり、大声でどなりつけたりする。

パワー・ハラスメント

職務上優越的な地位にある人が、その地位を利用して逆らえない立場にいる人に対して、客観的に見て正当性のない嫌がらせを行うことをいいます。

  • 「無能」、「仕事ができない」などと人格を否定するような発言をし、精神的に相手を追い詰める。
  • 業務上の過ちに対して、具体的な指導をせずに、人前でののしったり無能扱いしたりする。
  • 職務上必要な情報を意図的に伝えなかったり、提案や希望を理由なく却下したりする。
  • 不可能な業務成果を日常的に要求したり、何の指示も出さずに放置したりする。

人種・民族・国籍・文化等によるハラスメント

人種・民族・国籍・文化等による差別的な発言や行為をいいます。

  • 「○○民族はこうだ」「やっぱり××人は……」と固定観念で断定する。
  • 特定の国(地域)の慣習や人間関係を、相手を納得させることなく押し付けようとする。
  • 外国人だからといって、必要な情報を与えなかったり、仲間はずれにしたりする。

その他のハラスメント

  • 障がいのある人に対して、正当な理由なく、障がいを理由として対応を拒否したり制限する。
  • 上下関係、部の伝統、罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲酒やイッキ飲みを強要する(アルコールハラスメント)。
  • ソーシャルメディア(blog、LINE、twitter)で、誹謗・中傷・攻撃的な書き込みをする。
  • 携帯やSNSなどを用いて執拗に電話をかけたりメッセージを送信し、断ってもやめない。

ハラスメントを受けていると感じたら

あなたがだれかの言動によって不快な思いをしたり、相手が故意にしたのならもちろんのこと、たとえ相手に悪気がない場合でも、そのことに気付いてもらって、解決することが大事です。
一人で悩まないで、ハラスメントを受けていると感じたら、迷わず相談員に連絡ください。

ハラスメント相談窓口

直接、相談しやすい相談員に連絡をとるか、相談窓口となっている学生支援課または健康相談室に来室してください。相談のしかたについて一緒に考えたり、相談員を紹介したりします。

☆実際にハラスメントの被害を受けた方からの相談に対し、解決方法として次の方法を提案し、相談に応じます。

  1. 相談(相談者と相談員間)
  2. 調停(当事者間の話し合いによる解決)
  3. 裁定(双方の主張が対立し、調停が不調となった場合など、ハラスメント調査委員会による調査を開始)

相談員は相談者の名誉及びプライバシー等の人格権を侵害することのないように慎重に対応し、相談者の意向をできるかぎり尊重します。

学生支援課 (場所:飯能キャンパス 第2講義棟1階 TEL:042-972-1101)
健康相談室 (場所:飯能キャンパス 第2講義棟1階 TEL:042-972-1783)

※月曜日~土曜日9:00~17:00にお問い合わせください。

相談員連絡先

自分の相談しやすい相談員に直接、連絡してください。相談員がお話をお聞きし、ハラスメント被害解決に向けての方法を一緒に考えます。相談員はプライバシーを厳守します。

飯能キャンパス

氏名・職名 場所 電話番号
飯田 悠佳子
現代文化学部教員
第2講義棟
12階 712J
042-974-7184
大沼 洋一
法学部教員
本部管理棟
3階 1302
042-974-7002
佐藤 功一
学生支援課職員
第2講義棟
1階 学生支援課
042-972-1101
相馬 花恵
心理学部教員
本部管理棟
5階 1506
042-974-7040
髙橋 祐司
健康相談室職員
第2講義棟
1階 健康相談室
042-972-1783
塚本 美恵子
メディア情報学部教員
第2講義棟
7階 706D
042-974-7104
冨岡 亮子
学生支援課職員
第2講義棟
1階 学生支援課
042-972-1101
中川 洋子
グローバル教育センター教員
第2講義棟
7階 709H
042-974-7145
根岸 麻衣子
教務課職員
第2講義棟
1階 教務課
042-972-1110
馬 述波
グローバル教育課職員
第2講義棟
5階 グローバル教育センター
042-972-1218
松尾 千枝
キャリア教育・就職支援課職員
第2講義棟
1階 キャリアセンター
042-972-1131
山本 直輝
人事課職員
本部管理棟
1階 総務部
042-972-1121
渡辺 裕子
経済経営学部教員
第2講義棟
9階 709F
042-974-7143

駿河台大学ハラスメント・ガイドライン

本学のハラスメントに対する取り組み

Get_Adobe_Acrobat
PDFファイルを表示するには、Adobe(R) Reader(TM)が必要です。
バナーから無料でダウンロードできます。


駿河台大学について

TOP