文化情報学研究所

飯能市・入間市・駿河台大学合同シンポジウム開催報告

「公共施設マネジメントは、新たなまちづくりのチャンス」(平成29年10月21日開催)

■シンポジウムについて

高度経済成長が始まった60年前、公共施設といえるものは役場と小学校くらいという地域が少なくありませんでした。経済も人口も右肩上がりの中で、文化、教育、福祉、産業などさまざまな施設がつくられ、生活を豊かにしてきました。そのような施設が、老朽化により一斉に更新の時期を迎えようとしています。このため、国の指導もあって、全国の自治体で公共施設のあり方を検討しているところです。人口減少社会や財政の制約の中で、施設の修繕・改築にとどまらず、場合によっては統廃合も必要になります。情報社会への対応や防災拠点としての役割も考えなくてはなりません。飯能・入間がよりよい地域となるために、公共施設がどのような役割を果たすべきか、このシンポジウムを通じて、まちづくりの視点で考えてゆきたいと思います。

■開催概要

日時 平成29年10月21日(土)13時~15時30分
場所 駿河台大学第二講義棟7405教室(飯能市阿須698)

■プログラム

第一部
基調講演「今後の公共施設のあるべき姿とは」
PHP総合研究所主任研究員 佐々木陽一

第二部
パネルディスカッション 「公共施設マネジメントと新たなまちづくり」

■コーディネーター 駿河台大学法学部教授 熊田俊郎
■パネリスト 入間市連合区長会会長 山岡靖義
飯能市地域包括支援センター運営等協議会会長 大野 康
早稲田大学人間科学学術院准教授 佐藤将之
(株)埼玉りそな銀行地域ビジネス部プロジェクト開発推進室長 廣田雅司

■コメンテーター 駿河台大学文化情報学研究所所長 塚本美恵子
駿河台大学比較法研究所所長 千草孝雄
駿河台大学経済研究所所長 野田裕康

■飯能市・入間市・駿河台大学合同シンポジウム内容(後日PDFデータを掲載予定です。)
1.シンポジウム次第・挨拶
2.基調講演
3.パネルディスカッション
4.コメンテーターのコメント
5.会場からの質問に対する回答

■関連ダウンロードファイル

■この記事についてのお問い合わせ
駿河台大学地域連携課 電話番号: 042-972-1181 FAX:042-972-7767
教務課 電話番号:042-972-1110 FAX:042-972-1179
飯能市役所財務部管財課資産経営室 電話番号:042-978-5027 FAX:042-974-6770
入間市役所総務部公共施設マネジメント推進課 電話番号:04-2964-1111 FAX:04-2965-0232

文化情報学の向上と記録情報資源管理教育の発展を目指す

1998年4月に設立された文化情報学研究所は、コンピュータをベースとした文化情報学における社会的な記録情報資源管理の理論と、実務を通じての組織的研究を目的としています。

特に電子公文書管理や企業の現業文書管理システムの開発をテーマとし、学外からも客員研究員が加わった幅の広い研究活動を特色としています。

駿河台大学 文化情報学研究所
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698
TEL:042-972-1110(メディア情報学部教務課)



駿河台大学について

TOP