大学の歴史

創立者山﨑寿春の功績

駿河台大学の基礎は、大正7(1918)年に開設された「東京高等受験講習会」に始まります。その創立者山﨑寿春は、明治35(1902)年に東京外国語学校(現在の東京外国語大学)を卒業し、その後渡米し、アマースト大学、ハーバード大学で英語、英文学を学びました。そして明治43(1910)年にはエール大学大学院でマスター・オブ・アーツの称号を取得しました。

帰国後明治大学で英文学の教鞭をとっていましたが、日本の受験生の英語の勉強方法が、難解な英語の読み書きが中心であることに納得できず、もっと合理的な勉強方法がないかと考えました。個人の素質を見極めその能力を伸ばしていくというのが、創立者が唱えた駿台の建学の精神である「愛情教育」の理念です。これはその後の受験生向け『受験英語』の発刊、東京高等受験講習会の設立、予備学校の設立などにつながりました。

創立者 山﨑 寿春 先生創立者 山﨑 寿春 先生

ハーバード大学 (明治40年頃)ハーバード大学 (明治40年頃)

戦後の駿河台学園の発展

昭和15年駿台高等予備校昭和15年駿台高等予備校

終戦の混乱を乗り越え、昭和27(1952)年に「学校法人駿河台学園」としての組織が整えられ、その後の学園の発展の基礎が確立されました。

予備学校の教育は、単に入試問題の解法テクニックを教えるのではなく、学問の本質を教え、考え解き明かす面白さに目覚めさせ、学ぶ喜びを知ってもらうという考えが、駿河台学園の創立当時からの伝統となっています。このアカデミズムの尊重という伝統は、現在も変わっていません。

予備学校は、「愛情教育」の理念と基本原理の習得という教授方針により、受験生の教育に大きな成果を上げ、多くの受験生の声に応えて全国に駿台の校舎が広がって行きました。また、コンピュータや通信衛星などの技術を活用した新しい教育の方向へも幅を広げていきました。

駿河台学園は予備学校の発展とともに、高等学校、中学校、幼稚園などの学校を始め、電子情報、外国語、理工、法律、観光など幅広い分野の専修学校を次々と設立して行きました。

そして、学校法人としては「駿河台学園」を中心として、「駿河台南学園」、「駿河台西学園(現 駿台甲府学園)」と「駿河台大学」の設立(平成2年に駿河台学園から法人分離)とともに、4学校法人で組織された総合学園としての現在の姿となりました。

駿台予備学校京都校駿台予備学校京都校

駿河台大学の創設

駿河台大学は昭和62(1987)年に、山﨑寿春の遺志を継いだ名誉総長山﨑春之(初代総長・理事長)の弛まぬ努力と永年の周到な準備により、開学の運びとなりました。

駿河台大学は建学の精神である「愛情教育」の理念の下に、学生一人ひとりの個性を尊重し、その能力を最大限に伸ばしていく教育を行うとともに、埼玉県飯能市の緑豊かな環境の中、勉学意欲に応えられるキャンパスが整備されました。

駿河台大学全風景駿河台大学全風景

最初に開設した法学部は、現代社会に求められている的確な判断力、論理的な思考力を身に付けさせるとともに、流動する社会に対応できる柔軟な思考と鋭い国際感覚を兼ね備えた教養豊かな人材の育成にありました。この教育の目標は、その後の各学部にも引き継がれています。

総合大学への発展

学内風景1学内風景1

学内風景2学内風景2

法学部だけの単科大学で出発した駿河台大学は、平成2(1990)年に第2の学部として経済学部を開設しました。大学は埼玉県及び飯能市の誘致で設立されましたが、その際2学部以上の大学を作るという約束があったからです。

経済学部の開設目的は、経済全般についての基礎理論及び国際経済に関する広い知識を修得し、国際社会において活躍できる人材の育成にあります。そして国際化時代・情報化時代への対応を目指した教育を行うこととしています。

平成6(1994)年には、我が国で初めての文化情報学部を開設しました。文化情報学部の目的はそれぞれコースにより、情報資源などについて適切な保全・活用・流通に貢献する人材の育成や、異文化コミュニケーションの情報提供の担い手の人材の育成などにあります。

平成9(1997)年には、現代文化学部を開設しました。現代文化学部の目的は日本文化と関係の深い諸地域の様々な文化について、深い知識と総合的な理解力をもった人材の育成にあります。平成15(2003)年には、心理学科を増設し、文化と心理の2つの側面から、人間について追求する2学科構成になりました。

平成21(2009)年には、その時々の社会のニーズにマッチした教育を提供するため、文化情報学部と現代文化学部を改組し、新たに、メディア情報学部メディア情報学科、現代文化学部現代文化学科、心理学部心理学科を新設しました。

さらに、平成25(2013)年には、経済学部を経済学と経営学の両領域の知識と幅広い教養を活用し「地域社会の中核として諸活動を担う人材を育成する」ことを目的として経済経営学部に改組しました。

現在の駿河台大学

メディアセンターメディアセンター

以上のように、駿河台大学は、法学部、経済経営学部、メディア情報学部、現代文化学部、心理学部の5学部と、さらに大学院として、修士課程の総合政策研究科、心理学研究科を開設するとともに、各種研究所を設置し、人文社会科学系の総合大学として現在の発展を見ました。

また、大学の情報関連施設としては、国内最大級の規模を誇る「メディアセンター」を拠点として、情報化社会の目覚しい進展に積極的に対応し、本学の教育・研究の一層の発展充実を図ることが出来ました。



駿河台大学について

TOP