経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

6月20日(土)オープンキャンパス模擬授業に登場する教員のプロフィールを掲載しました

2015/06/18 オープンキャンパス

 次回のオープンキャンパスは6月20日(土)の予定です。経済経営学部は「テーマパークのひみつ ―もうけのヒミツを探る―」のタイトルで、麻場勇佑講師が模擬授業を行います。そこで、今回は麻場講師のプロフィールをインタビュー形式で紹介します。

Q:模擬授業でアピールしたいことを一言で教えてください
A:同じ物事でも違った視点から見ると、新たな発見があるということを知ってほしいです。

Q:先生の専門分野をわかりやすく説明してください
A:会計の歴史です。投資利益率という技法の本質に迫るべく、歴史を通じて、異なる時代、異なる企業における投資利益率の機能と構造の相互関係を分析しています。

Q:本学ではどんな授業を担当していますか(担当科目)
A:管理会計概論、原価計算論、会計監査論などです。

Q:受験生におすすめの本、雑誌、インターネットサイトなどがあれば教えてください
A:『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』(エリヤフ・ゴールドラット著、三本木亮訳、2001年、ダイヤモンド社)はおすすめです。本書は、アメリカでベストセラーとなった、ある企業の工場における業務改善プロセスを主題にした小説です。

Q:休日の過ごし方や趣味などありましたら教えてください 
A:休日は専門分野の研究をしています。趣味は読書やスポーツ観戦です。

 また、当日は模擬授業の終わりに、経済経営学部の学生トークがあります。今回は、麻場先生のもとで簿記の資格取得を目指している高橋杏奈さん(3年生、私立堀越高等学校出身)と林亜斗さん(3年生、都立拝島高等学校出身)が、みなさんに学生生活についてお話しします。
 ぜひ駿大オープンキャンパスに、そして経済経営学部の模擬授業にお越しください。

20150618kkg_01.jpg

本学公開講座で講師を務める麻場勇佑講師(2015.5.30撮影)


ページの先頭へ