経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

5月23日(土)オープンキャンパス模擬授業に登場する教員のプロフィールを掲載しました

2015/05/21 オープンキャンパス

 次回のオープンキャンパスは5月23日(土)の予定です。経済経営学部は「自分の車、買いたい? ―若者マーケティング―」のタイトルで、渡辺裕子教授が模擬授業を行います。そこで、今回は渡辺教授のプロフィールをインタビュー形式で紹介します。
 当日、模擬授業の終わりに、経済経営学部の学生のトークがあります。本学と飯能信用金庫との連携事業「第8回輝け!飯能プランニングコンテスト」で、みごと最優秀賞を獲得した當眞香苗さん(2年生)が、受賞したユニークなプランについて話してくれます。
 ぜひ駿大オープンキャンパスに、そして経済経営学部の模擬授業にお越しください。

Q:模擬授業でアピールしたいことを一言で教えてください
A:社会調査データから若者の行動を読み解くおもしろさを、味わってもらいたいと思います。自分の「常識」の間違いを発見することもよくあります。

Q:先生の専門分野をわかりやすく説明してください
A:様々な社会調査の手法を駆使して、若者の行動や住民の福祉活動などを明らかにし、マーケティングや社会問題の解決策を考えます。

Q:本学ではどんな授業を担当していますか(担当科目)
A:マーケティング・リサーチ、社会福祉論、社会学などです。

Q:受験生におすすめの本、雑誌、インターネットサイトなどがあれば教えてください
A:山岡拓(2009)『欲しがらない若者たち』日経プレミアシリーズ、は読みやすいです。古市憲寿(2011)『絶望の国の幸福な若者たち』講談社、は弱冠26歳の若者自らが書いた興味深い若者論です。どちらも模擬授業で取り上げます。

Q:休日の過ごし方や趣味などありましたら教えてください 
A:単に草花に水をやるだけですが、おしゃれにいうと「ガーデニング」です。5~6月はゼラニウムがたくさんの花をつけていて、ヨーロッパのような(?)真っ赤に埋め尽くされたベランダや出窓を家の外から眺め、悦に入っています。

20150519kkg_01.jpg

オープンキャンパスで模擬講義を行う渡辺裕子教授(2013.6.15撮影)

ページの先頭へ