特徴

        

 文部科学省 研究指定校

昭和60・61年に東京都の私立幼稚園では、初めて文部省(当時)の研究指定を受けました。組織や、教育内容がしっかりしている事が指定を受ける条件であり、大変に厳しい審査を経ての指定でした。

また平成18・19年度の2年間、国立教育政策研究所より文部科学省の教育研究指定校に指定されました。今回の指定に際しては全国の幼稚園から多数の応募があり、その中で本園が指定を受けたということは大変名誉なことで、今までの実績と本園の保育内容が認められた結果だと考えます。

 豊富な課外保育

feature_1.jpg園バスや電車を使っての課外保育が多いのが、本園の特色です。箱根での2泊3日の合宿保育(年長)をはじめ、井の頭公園、多摩動物公園、神代植物園、野川公園、府中郷土の森などに出かけます。子どもは豊かな自然の中で生き生きとした感性を身につけます。

 父親がわりの男性教諭

男性教諭がお父さんにかわり、園児と全身を使った遊びをします。

 おにぎりの日

feature_3.jpg本園では食育の取り組みとして、おいしいご飯をお腹いっぱい食べるおにぎりの日を、週1回行っています。

 研究成果を園児に

feature_4.jpg当園で行った数々の研究成果は、即座に園児にフィードバックされます。オリジナルの研究成果に基づいた教育を施しています。
平成27年度園内研究アンケート結果(教員考察)PDFファイル
平成27年度園内研究アンケート結果(保護者考察)PDFファイル

 知能開発教室

feature_5.jpg本園に併設されている、知能開発教室では、希望者に対して、幼児の発達段階や発達課題に即した教具・教材を使い、幼児の内にもつ可能性を引き出し、豊かな情操と知能を身につけるように援助していきます。