ニュース&トピックス

教養文化研究所・比較法研究所共催シンポジウムのお知らせ

2017/10/25教育・研究

 駿河台大学教養文化研究所・比較法研究所では、以下のとおり、近隣に在住・在勤・在学の方や本学学生及び教職員を対象に、申込不要・入場無料の公開講演会を行います。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

グローバル時代の異文化交流

特別講演

日常を知らずして相手は理解できない ―日本文化専門誌を通じた文化交流の試み―

講演者

毛 丹青(マオ タンチン)氏 (作家、神戸国際大学教授)

コメンテーター

井上 久士 教授(法学部、教養文化研究所長)、長尾 建 准教授(現代文化学部)

日時

2017年11月17日(金) 13:20~14:50(開場12:50)

場所

駿河台大学AVホール(第二講義棟4階)

概要

日本の文化や暮らしを中国人に紹介して話題となった月刊誌『知日』の主筆を務めたほか、2016年には在日中国人の目を通した日本を伝える雑誌『在日本』を創刊し、これまでとは全く違う角度や視点で日中関係を見つめる毛丹青氏に、新たな関係構築の担い手となる若い世代に向けてお話しいただきます。

問い合せ先

駿河台大学教務課 ℡042-972-1110
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698

20171117symposium.jpg

※画像をクリックすると、PDFが開きます。

TOP