ニュース&トピックス

夢はF1ドライバー㉔~経済経営学部 坪井翔~

2017/10/11学生生活

 経済経営学部4年の坪井翔さんは、TEAM TOM'Sに所属し、世界で活躍するカーレーサーを目指しています。
 一昨年新設されたFIA F4選手権ではシリーズチャンピオン(初代)を獲得し、昨年から全日本 F3選手権に参戦しています。また、今年からは日本を代表するレース"SUPER GT"300クラスにもLEXUS RCFから参戦しているので、こちらもご注目下さい。
 2017年10月7日(土)~8日(日)にタイ王国・チャン・インターナショナル・サーキットにて行われた2017年SUPER GTシリーズ 第7戦のレポートが届きましたので、ご紹介します。

20171011_GT300_RD7_01.jpg
20171011_GT300_RD7_02.jpg

 初めてのタイでのレース。僕としては、初のサーキットでどこまでチームに貢献出来るか、短い練習量の中でいかに成長出来るかがポイントだと思っていました。さらに、ラスト2戦は表彰台に乗らないとチャンピオン争いから脱落してしまうという事で、チーム皆が攻めの姿勢になっていました。

Q1

 Q1を担当しましたが、ドライでは良いフィーリングで通れる自信がありましたが、まさかの海外特有のスコールにより、ウエット。全く走った事がない中で予選を走りましたが、最初の2周で感覚を掴み、アタックし3番手で通過する事が出来てホッとしました。

Q2

 路面状況は乾いていく中で、タイヤ選択をしていきましたが失敗。残り時間も少ない中で、タイヤを変えて再度1周アタックし、このタイムが2番手となり、ピンチから抜け出す事が出来て、中山選手の判断に感謝です。

RD7決勝

 初めての最前列からのスタート。1台抜けば良いという気持ち的には少し余裕がありましたが、グリッドにつくとまたあれが...。スコールです。スタートはウエット状態ですが、一瞬にして晴れて、タイヤ選択が非常に難しい状況でした。ウエットでスタートし、すぐにタイヤ的に厳しくなってきて、それは周りも同じでしたが、ペースが良くなく次第にドライでスタートしたマシンが速くなってきたので早めにピットイン。僕に変わり、43周を走り抜き、ペースも良くトップを抜いてからは独走。途中追いつかれ始める場面もありましたが、上手くペースコントロールをし、トップを守り切り優勝。

20171011_GT300_RD7_03.jpg
20171011_GT300_RD7_04.jpg
 今回優勝した事で今季2勝目。今のところ唯一2勝目を飾っていて、ランキングも6位から2位まで上がってきました。しかし、トップとは9ポイント差があり、自力チャンピオンは厳しい状況なので、僕たちはチャンピオンというよりは、自分たちが出来るベストを出し尽くし、優勝を狙って戦うのみだと思います。最後はノーウエイトになるので、力を出し切りたいと思います。

 GTは最終戦となり、11月11日(土)~12日(日)にツインリンクもてぎで行われます。応援をよろしくお願い致します。

TOP