ニュース&トピックス

夢はF1ドライバー㉓~経済経営学部 坪井翔~

2017/09/28学生生活

 経済経営学部4年の坪井翔さんは、TEAM TOM'Sに所属し、世界で活躍するカーレーサーを目指しています。
 一昨年新設されたFIA F4選手権ではシリーズチャンピオン(初代)を獲得し、昨年から全日本 F3選手権に参戦しています。また、今年からは日本を代表するレース"SUPER GT"300クラスにもLEXUS RCFから参戦しているので、こちらもご注目下さい。
 2017年9月23日(土)~24日(日)にスポーツランドSUGOにて行われた全日本フォーミュラ3選手権 第17戦~第18戦のレポートが届きましたので、ご紹介します。

20170928_f3_rd19_20_01.jpg
20170928_f3_rd19_20_02.jpg

 オートポリスは完全に近い形で優勝し、6連勝で迎えたSUGO大会。唯一チャンピオンの可能性を残して、臨んだ大会でしたが、チャンピオンになるには非常に厳しい状況であり、自力ではその座を取ることはできないので優勝するしかありませんでした。

予選

 練習走行では、とても僅差で上手くまとめた人がポールを取るのかなという位、誰がとってもおかしくない状況で、前日降った雨の影響で波乱な予選となりました。赤旗も出る中でまともにアタックが出来ずに自分は3番手で予選を終える事となりました。この時点でポールの2点を失い、チャンピオンの可能性はほとんどなくなってしまいました。

Rd19決勝

 正直、この抜けないサーキットで3番手からの位置は厳しいポジションでしたが、スタートで1台抜き、その後のペースも良くてトップの選手の後ろでチャンスをうかがっていました。トップの選手がミスしたことにより、そこで抜く事が出来てトップに上がり、そのまま逃げ切りで優勝する事が出来ました。しかし、最後の最後にファステストを取られてしまった事により、このレースを持ってチャンピンは決まってしまいました。悔しいですが、勝っても取られてしまったので、そこまででしっかりポイントを取れなかったのが敗因です。

Rd20決勝

 ドライバータイトルは決まってしまいましたが、チームタイトル、エンジン部門のタイトルはまだ取れる位置にいました。3位からスタートで2位。前日と同じ展開になり、トップの選手の後ろでチャンスを待っていましたが、なかなか作り出す事は出来ずにそのまま2位でゴール。決勝ペースは良かっただけに予選順位が悔やまれますが、2位になった事によりチームタイトル、エンジン部門はシリーズ1位で終わる事が出来ました。

20170928_f3_rd19_20_03.jpg
20170928_f3_rd19_20_04.jpg

 連勝記録は7でストップしてしまいましたが、F3シーズン20戦中9勝は勝率ではトップでした。勝率がトップでランキングが2位という事は取りこぼしが多かったとも言えるので、反省すべき点も多いですが、後半戦の巻き返しは成長出来た部分でもありました。
 今年1年は、本当に様々な事がありましたが、僕にとっては大きな財産となり、この経験は必ず活かしていきます。

 2017年全日本シリーズは終わってしまいましたが、他のカテゴリーはまだレースが残っています。そこに向けてシーズンは続くので、しっかりやっていきたいと思います。
 F3はマカオもあるので、そこに参戦出来るよう、準備していきたいと思いますので、皆様引き続き応援宜しくお願い致します。

TOP