ニュース&トピックス

駿河台大学を会場に「メッツァ ハッカソン」開催

2017/09/22その他

20170921mh_01.jpg 9月18日から19日の2日間に渡り、駿河台大学にて、メッツァを構成する2つのゾーン「メッツァビレッジ」(2018年秋開業予定)と「ムーミンバレーパーク」(2019年春グランドオープン予定)で体験できるデジタル・コンテンツ開発を競うイベント「メッツァ ハッカソン」が開催されました。(主催:フィンテックグローバル株式会社)

 「ハッカソン(Hackathon)」とは、ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語で、エンジニア、デザイナーをはじめとするソフトウェア開発者等がチームを作り、与えられたテーマに対して短期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、成果を競う開発イベントの一種です。

 IT先進国であるフィンランドの企業9チームが参加し、19日には、各チームが審査員に対し、プレゼンテーションを行いました。

 閉会式で吉田学長は「主催のフィンテック グローバル株式会社と本学は、連携協力に関する基本協定を締結しており、メッツァを中心に埼玉県西部地域の活性化を目指したい。そして、建国100周年を迎えられたフィンランドの皆様と、さらに交流を深めていきたい。」と挨拶しました。

メッツァ ハッカソン概要

日時:9月18日(月)から19日(火)
場所:駿河台大学
主催:フィンテック グローバル株式会社
後援:フィンランド大使館/独立行政法人日本貿易振興機構/
飯能市/飯能市教育委員会
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント/株式会社富士通マーケティング/
株式会社乃村工藝社 ※順不同
協力:駿河台大学

20170921mh_03.jpg閉会式後の集合写真

関連記事

フィンテック グローバル株式会社との連携協力に関する基本協定締結
http://www.surugadai.ac.jp/chiiki/news/2016/post-151.html

TOP